役者としての深みを体感!多部未華子、衝動的な感情と孤独や葛藤を演じ分ける表現力

「ピース オブ ケイク」
「ピース オブ ケイク」

2002年に女優デビューし、映画に、ドラマに、CMに...と、途切れることなく活躍を続けている多部未華子。2016年から出演している「UQモバイル」CMでの、深田恭子と永野芽郁との三姉妹も記憶に新しいが、昨年主演を務めた「私の家政夫ナギサさん」は高視聴率を記録し、特別編も制作されるなど大反響を得た。表情豊かな愛嬌ある顔立ちと凛とした声もまた良い。持ち前の表現力を発揮して、そのキュートな魅力を世に知らしめた。

コメディエンヌとしての才能が高く評価されていることは言うまでもないが、コメディ以外の作品ごとに新たな一面を披露している。11月14日(日)にWOWOWシネマで放送される『ピース オブ ケイク』(2016年)と『空に住む』(2020年)で見せた演じ分けがまさしくそうだ。両作品からは、多部の演技の幅広さを体感できる。

多部未華子が青山真治監督と初タッグを組んだ「空に住む」
多部未華子が青山真治監督と初タッグを組んだ「空に住む」

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

ジョージ朝倉の伝説的恋愛漫画を実写映画化した『ピース オブ ケイク』。ヒロインはこれまでの多部のイメージとはまったく異なる、恋愛に依存し流されるままに男性と付き合ってしまうダメ女。艶めかしいベッドシーンも含め、衝動的な感情を全面に体当たりで演じた。相手役の綾野剛に本気でぶつかったり、泣き喚いたり、きれいなだけではないかっこ悪い部分をも曝け出す姿には「実際の恋愛はこうだよな」と思わず共感してしまう。

「ピース オブ ケイク」
「ピース オブ ケイク」

(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会

「ピース オブ ケイク」
「ピース オブ ケイク」

(C)2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会

青山真治監督と初タッグを組んだ『空に住む』では、両親の急死をきっかけに新たな生活をスタートさせる女性を好演。喪失感を抱えながら仕事や恋愛に悩み、夢と現実の間で揺れ動く感情を丁寧に表現した。心を許す愛猫に語りかける仕草も自然で、空を見上げて呟くシーンや夜の海で涙を流す表情にも惹きつけられる。30代を迎えた多部が演じるからこそ、独身のアラサーヒロインの孤独や葛藤が静かに響く。

「空に住む」
「空に住む」

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

これらの作品からは、デビュー当時にはなかった役者としての深みを増していく過程が見出せる。ドラマや映画のようなフィクションでも本当にどこかにいそうな人物に思えてしまう存在感は、高い演技力がなせる業。コメディでも恋愛物でも人間ドラマでも、作品ごとに違う表情を見せてくれる。

「空に住む」
「空に住む」

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

最近では、12月17日(金)に公開するアニメーション映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』で洋画吹替えに初挑戦しているほか、2022年公開の映画『流浪の月』への出演も発表されたばかり。多方面で個性溢れる魅力を放つ多部未華子の今後の活躍からも目が離せない。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

ピース オブ ケイク
放送日時:2021年11月14日(日)18:45~
空に住む
放送日時:2021年11月14日(日)21:00~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事