うさぎ姿が可愛すぎる...!中村倫也のキュートな演技に再注目

12月から配信されるAmazon Originalドラマ「No Activity/本日も異状なし」への出演が発表された中村倫也。シソンヌのじろうが脚本を手掛けた同作に新人刑事役で出演する中村は、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でも共演していた豊川悦司と型破りなバディを結成。ユーモラスな2人のやり取りや予想外の展開に注目が集まっている。

「星新一 ショートショート」に出演した中村倫也
「星新一 ショートショート」に出演した中村倫也

(C)NHK ・テレコムスタッフ「原作:星新一(すべて新潮文庫刊)」(C)星ライブラリ/新潮社

出演が発表されるたびに話題を集める中村は、バラエティ番組などで動物と触れ合うシーンが放送されると、「可愛い」とネットを賑わせることもしばしば。中村自身、過去に「俳優がダメになったら動物園で働きたい」と話すほどの動物好きで知られており、演技ではない表情がファンの心を打つのだろう。

そんな中村はドラマで何度か動物に関する役を演じている。12月6日(月)にホームドラマチャンネルで放送される『オリガミの魔女と博士の四角い時間「月のうさぎ」』もその1つだ。

オリガミの魔女と博士の四角い時間「月のうさぎ」より
オリガミの魔女と博士の四角い時間「月のうさぎ」より

(C)NHK ・AXON

2017年からEテレで継続的に放送される「オリガミの魔女と博士の四角い時間」は、日々折り紙の研究にいそしむ折鶴博士(滝藤賢一)が持ち込まれる難題を折り紙で解決していくというファンタジー作品。

中村が出演する「月のうさぎ」は、お月見をしている博士の元にどこからともなく見知らぬ男が現れることで始まる。男は博士の家にあった野菜を勝手に食べていたが、実はつきたてのお餅を博士に届けに来たという。

なんとも不思議なストーリー展開だが、ここで注目したいのが中村の頭上。そこにはまるでうさぎのような大きく特徴的な耳がある。さらにはしっぽもあり、男は月からやってきたという...。

作中ではうさぎの特徴をよく掴んだ演技を披露しており、この辺りは動物好きで生態にも通じている中村ならではだ。さらに、その姿には圧倒的な愛くるしさも兼ね備えている。ここまでくるともはや中村自身がファンタジー的存在と言えるのかもしれない。

(C)NHK ・テレコムスタッフ「原作:星新一(すべて新潮文庫刊)」(C)星ライブラリ/新潮社

(C)NHK ・テレコムスタッフ「原作:星新一(すべて新潮文庫刊)」(C)星ライブラリ/新潮社

また同日は、ショートショートの名手であるSF作家の星新一作品に、中村が出演している3作品もあわせて放送される。こちらは、人間につきまとうロボットの「うるさい相手」、宇宙人が地球にウイルスをまく「ねらわれた星」、地球に帰還する途中の宇宙船乗組員を描いた「宇宙の男たち」となっており、「月のうさぎ」とは違い、少しシリアスな中村が堪能できそうだ。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

星新一 ショートショート「うるさい相手」「ねらわれた星」「宇宙の男たち」
放送日時:2021年12月6日(月)19:55~
オリガミの魔女と博士の四角い時間「月のうさぎ」
放送日時:2021年12月6日(月)20:10~
チャンネル:ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

中村倫也の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!