阿部サダヲ長澤まさみらが体現!観る者の想像力を刺激する野田秀樹の衝撃作「THE BEE」

NODA・MAP番外公演「THE BEE」
NODA・MAP番外公演「THE BEE」

撮影:篠山紀信

この秋、連日満員の観客を震撼し続けてきた野田秀樹の傑作「THE BEE」。9.11同時多発テロ事件に触発された野田が、ロンドンの演劇人とのワークショップの積み重ねから英語戯曲として書き下ろした作品で、2006年にロンドンで初演され好評を博し、2007年に日本で日本語版上演されるやいなや演劇賞を総なめにした。この舞台が2022年春にWOWOWライブにて放送される。

「NODA・MAP番外公演『THE BEE』」
NODA・MAP番外公演「THE BEE」

撮影:篠山紀信

いつの時代でも繰り返される"報復の連鎖"を、観る者の想像力を刺激しながら描き出す――まさに「10秒に一度、何かが起こる」。家路を急ぐ平凡なサラリーマン・井戸が我が家の前で遭遇したのは警察とマスコミの喧騒だった。脱獄犯・小古呂が井戸の妻子を人質にとり、井戸宅に立てこもっていたのだ。井戸は妻子を救出しようと、どこか頼りない警察とともに行動を起こすが、事態は思わぬ展開へ...。幕が開いたが最後、ひたすら落ちていくだけのジェットコースターにでも乗っているかのような物語だ。

「NODA・MAP番外公演『THE BEE』」
NODA・MAP番外公演「THE BEE」

撮影:篠山紀信

これまでにロンドン、NY、香港、エルサレム、パリなど10ヶ国14都市で上演。ゆく先々で万雷の拍手を浴び、ゆく先々の言語で称賛され続けてきた。日本では9年ぶりの上演で、阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英の実力派4人が集結した新キャストで新たにお目見えする。

「NODA・MAP番外公演『THE BEE』」
NODA・MAP番外公演「THE BEE」

これまで「THE BEE」全公演に出演してきた野田は、今回初めてこの魅惑的な役者たちの演出のみに専念。演出家としての集大成としてこの作品を捉えている。これ以上濃密な時間が流れようもない、そんな75分間。小さな劇場で、芝居が始まったその瞬間から、目の前にいる役者の表情、一挙手一投足、一瞬たりとも目を離せなくなる。そしていつしか、そこにいる役者の息遣いとともに呼吸を始める――人間の想像力の限界に挑んだともいうべき衝撃作「THE BEE」は見逃し厳禁だ。

この記事の画像

放送情報

NODA・MAP番外公演「THE BEE」
放送日時:2022年春
チャンネル:WOWOWライブ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事