赤楚衛二が演じる理想の彼氏に胸キュン必至!キラキラオーラを放つイケメン美容師を演じる

馬場ふみか×赤楚衛二のダブル主演で実写ドラマ化された「ねぇ先生、知らないの?」が1月30日(日)にホームドラマチャンネルで放送される。原作は浅野あやのコミックで、「こんな彼氏が欲しかった!」と世間の女性たちにため息をつかせた、とにかく胸キュンが途切れないヒーリングラブストーリー。仕事に没頭し、気づいたら男っ気ナシの漫画家を馬場が、そんな彼女を癒しまくる美容師の彼氏を赤楚が演じている。疲れた時に見たらヒーリング効果倍増。イケメン美容師・理一になりきった赤楚の表情に注目だ。

■120%爽やかな理一に、恋愛偏差値0の華が目覚める?

親や友達に反対されながらも少女漫画家になることを夢見て、やっと連載を持てるようになった華(馬場)。漫画に打ち込むあまり、恋する暇もなく、髪はボサボサで仕事場や家ではいつもスウェット。副編集長からは「人間に興味ありますか?」とまで言われる始末。

ある日、冴えなさすぎる自分の姿に気づいた華は美容院に飛びこむが、予約をしていないため断られてしまう。そこに現れたのが「お客様、俺にやらせてもらえませんか?」と微笑む理一(赤楚)で、登場シーンからキラキラとオーラを放っている。

「ねぇ先生、知らないの?」に出演する赤楚衛二
「ねぇ先生、知らないの?」に出演する赤楚衛二

(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

仕事で3日も徹夜してボロボロの華に「かっこいい」と言葉をかけ、力尽きて寝てしまう華に温かい視線を向ける。華やかそうに見えて実は体力的にも精神的にもハードな美容師の仕事。一流の美容師を目指して仕事を優先してきたが故に、女性と付き合っても長続きしなかった経験を持つ理一だからこそ、華の気持ちがわかるのだろう。オープニングの出会いの回から"こんな美容師がいたら、通っちゃいそう!"と思わせる爽やか男子を赤楚が魅力的に演じている。

■頭の中は漫画でいっぱいの彼女を思いやる赤楚の視線に癒される

付き合うことになった後も、仕事が忙しい時期は電話にも出ず、LINEも既読スルーの華。そんな華のことを決して怒らず、待っている理一は理想の"ヒーリング彼氏"。メガネにスッピン、スエット姿で漫画を書くことに夢中になる華だが、彼女のそんな一面もひっくるめて愛している。少し甘えたムードでじっと見つめる表情や哀しそうな顔、ドキドキさせる会話は華に「胸キュン漫画のプロだというのに、侮れん」と漫画のネタにされるほどだ。

(C)「ねぇ先生、知らないの?」製作委員会・MBS (C)浅野あや/小学館

そんな2人のあいだにもやがてライバルの影が。カリスマモデル&女優の七瀬(矢作穂香)が出現した後の、気になる2人の恋の行方は?「こんな美容師がいたら」に始まり「こんな彼氏がいたら」と思わせるラブストーリーは少女漫画の王道でありながら、新しさも感じる。頑張っている女性たちをうっとり、そしてほっこりさせる赤楚衛二の素敵なエスコートが見どころのひとつとなっている。

文=山本弘子

放送情報

ねぇ先生、知らないの?
放送日時:2022年1月30日(日)0:30~
チャンネル:ホームドラマチャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

赤楚衛二の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事