平野良加藤和樹と共演した舞台を振り返る!「帝王として君臨していた」

MCの平野良と2.5次元舞台を中心に活躍する人気俳優が、ここでしか聞けない本音トークを繰り広げる情報バラエティ「2.5次元ナビ!」。日テレプラスで5月23日(月)に放送される#62は、数々のグランドミュージカルに出演し、現在はミュージカル『るろうに剣心 京都編』に比古清十郎役で出演中の加藤和樹。平野も「超大物ゲストだ」と喜んだ収録の模様をお届けする。

まずは、番組リポーターのナビ隊!ピンクこと宮城紘大が、最近上演された注目作をリポート。宮城自身もミスト・フレーヴ役で参加していた「演戯『ヴィジュアルプリズン』-月世饗宴-」の魅力や舞台裏のエピソードを、ゲネプロ映像とともに紹介していく。さらに、5月ということで毎年恒例のスペシャルな企画も。

「2.5次元ナビ!」に出演する平野良と加藤和樹
「2.5次元ナビ!」に出演する平野良と加藤和樹

(C)CS日テレ

ゲストトークのコーナーでは、平野と同じ84年生まれの加藤和樹が番組初登場。共通の知人も多いが、実は今年1月の豪華ミュージカル俳優陣が集結したイベント「Japan Musical Festival 2022」まで、共演したことはなかったそう。ようやく2人でじっくり話せるとあって、加藤も嬉しいと笑顔を見せる。平野は「写真を撮るときに並んだら、自分がちんちくりんで恥ずかしかった(笑)」というイベント舞台裏のこぼれ話を紹介し、笑いを誘った。

続いては、2人が出演していたミュージカル『テニスの王子様』の話題に。2008年から参加した平野は、2005年から氷帝学園・跡部景吾役を演じていた加藤について、「帝王として君臨していた」と振り返る。加藤は当時のエピソードが大げさに伝わりすぎていると苦笑しつつ、ライバルという役どころだった青春学園とのエピソードを披露した。また、原作がある作品での役作りについて聞かれた加藤は「生身の人間がやるので、できることとできないことはあっても、原作により近づけようとする意識が大切」と話し、平野も「作品とキャラクターへのリスペクトがないと」と深く頷いていた。

加藤といえば、役者業だけでなくミュージシャンや声優としても活躍している。そこで平野が「ジャンルによって切り替えているのか、うまく融合しているのか」と質問すると、加藤からはレコーディング中にミュージカルの発声が出てしまうなど、切り替えに苦労したという答えが。しかし、「最近ではライブでも、ミュージカルの発声で使っている声帯の部分を開いて使ってみることもある」と、次第に応用ができるようになったと話した。

(C)CS日テレ

また、平野が出演していたミュージカル「あなたの初恋探します」を観劇した加藤から、質問が飛ぶシーンも。その作中で平野はなんと20人以上を演じており、加藤は「本当に見事な演じ分けだった」と絶賛する。そこからさらにディープな芝居トークが繰り広げられ、平野が声帯の使い方について聞くと、加藤がどうやっていろんな声を出しているのかを実演。平野が「今のだけ切り取ってDVD化したい!」と大興奮するほど貴重なシーンを、ぜひお見逃しなく。

その後は、プライベートトークへ。「二郎と出会ったことによりジロリアンにならざるをえなかった」と加藤がラーメン二郎への愛を爆発させたり、お手製ラーメンの作り方について解説したり、2人が昔流行った懐かしい遊びで真剣勝負をしたり......。同い年かつラーメンが大好きな者同士とあって、最初から最後まで大盛り上がりの収録となった。

(C)CS日テレ

――収録を終えられての感想をお聞かせください。

加藤「同い年ということもあってものすごく盛り上がったので、もっといろいろ話したかったです。ラーメン好きという共通点もわかったので、僕が作ったラーメンを食べてもらいたいですし、今度おすすめのお店を教えてほしいですね。いつか共演できることを願っています」

文=中島文華

この記事の画像

放送情報

2.5次元ナビ!#62
放送日時:2022年5月23日(月)22:00~
チャンネル:日テレプラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事