多部未華子が圧巻の歌声を披露!オードリー・ヘップバーンを真似たファッションにも注目

親近感を覚えるキュートな笑顔と均整の取れたプロポーション、そして確かな演技力で知られる多部未華子。映画『HINOKIO』でボーイッシュな少女・ジュンを好演し、注目を集めた彼女は、2009年のNHK朝の連続テレビ小説「つばさ」のヒロインに選ばれたことをきっかけに、国民的女優の地位を確立。その後は、数々のCMやドラマに映画、そして舞台にとその活躍の場を広げてきたことで知られている。なかでも、舞台『農業少女』では、ヒロインの百子をのびやかに演じ、読売演劇大賞にて優秀女優賞と杉村春子賞に輝くなど、人気と実力を兼ね備えた演技派としても高い評価を得ている。

そんな多部の魅力がぎっしり詰まった作品が、韓国の人気映画を日本でリメイクした「あやしい彼女」だ。

『あやしい彼女』に出演する多部未華子
『あやしい彼女』に出演する多部未華子

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

主人公は、女手一つで育て上げた娘・幸恵(小林聡美)と、バンド活動に明け暮れる孫・翼(北村匠海)と暮らす73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)。頑固で口うるさく、おせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがちな彼女は、その寂しさを紛らわすようにいつも鼻歌を歌いながら下町の商店街を練り歩き、いろいろな人にちょっかいを出していた。ある日、オレオレ詐欺の被害にあったことから幸恵と口論になり家を飛び出したカツは、ふと目についた写真館で写真を撮影したことをきっかけに、20歳の頃の姿に戻ってしまう――。

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

多部が演じるのは、不思議な力で若返ったカツ。娘に「自分の不幸を私のせいにしないで」と言われたカツは、自分の身に起こった奇跡を満喫するため、節子と名乗り、憧れのオードリー・ヘップバーンを真似たヘアスタイルやファッションで青春を謳歌することに。しかし、気まぐれに参加した町内会ののど自慢大会を機に、カツの美声の虜になった通りすがりの音楽プロデューサー・拓人(要潤)や、節子の正体を知らない翼の熱心な勧誘によって、バンド活動もはじめることとなる。

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

「見かけはフレッシュな美女・中身は苦労人のおばあさん」という難役に挑戦した多部は、73歳のカツを演じた倍賞美津子のセリフ回しはもちろん、細やかな表情やしぐさもしっかり踏襲して、役柄に圧倒的な説得力を与えることに成功。また、圧巻の歌声も披露し、その才能の底知れなさを観客に印象づけた。本編では、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」や美空ひばりの「真赤な太陽」など、昭和歌謡曲の数々を披露する多部。特に、ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」での涙を流しながらの熱唱シーンは、カツの半生をフラッシュバックさせるという演出も相まって、聴く者すべての胸を打つだろう。

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

折々に多部が披露する、レトロポップなヘアスタイルとファッションも楽しいファンタジックコメディ。彼女の温かな歌声と共に、心温まる奇跡の物語を楽しんで欲しい。

文=中村実香

放送情報

あやしい彼女
放送日時:2022年6月15日(水)16:35~、2022年6月23日(木)7:45~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

多部未華子の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事