松坂桃李古田新太が実写映画初共演!万引き事件から始まる悲劇と苦悩を描いた『空白』

古田新太が主演を務め、松坂桃李が映画で初めて古田と共演した『空白』。本作の監督及び脚本を手掛けたのは『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』の吉田恵輔。松坂が演じているのは、田舎町のスーパーの店長・青柳直人。古田が演じるのは漁師の添田充だ。

悲劇の始まりは、添田のひとり娘・花音(伊東蒼)が化粧品コーナーで万引きをしようとしたことだった。店から逃げ出した花音を青柳が追いかけている途中で、彼女は2台の車に轢き殺されてしまうのだ。

『空白』に出演する古田新太
『空白』に出演する古田新太

©2021『空白』製作委員会

もともと気の荒い性格で、離婚して思春期の娘と暮らしていた添田は、無残な姿で帰ってきた我が子と対面して、我を失う。やり場のない怒りの矛先は、まず青柳に向けられる。「娘が万引きをした証拠はあるのか」と怒鳴り、「いじめはなかったのか」と学校に乗り込み、興味本位で報道するマスコミに噛みつき、車を運転していた女性が謝罪に来ても取り合わない。青柳は暴走する父親によって、精神的に追い詰められていく。事故によって人生が狂いだす関係者は青柳だけではないのだが、感情を思うがまま爆発させる古田と、内に押し込める松坂の演技の対比は、この映画に生々しさと奥行きを与えている。

■ストーカーのようにつきまとう父にひたすら耐える青柳

添田と青柳を追い込むのは悲惨な交通事故だけではない。スキャンダラスな事件に仕立てるべく、意図的にコメントを編集して放映するメディアと監視社会は、2人の生活をどんどん脅かしていく。青柳は人に愚痴をこぼしたりできない性格。スーパーの店員でボランティア活動に力を入れている草加部麻子(寺島しのぶ)に顔色が悪いことを心配されても「大丈夫です」と言葉少なに答え、父から受け継いだスーパーに誹謗中傷のビラを貼られても、黙々と剥がしていくようなタイプだ。

©2021『空白』製作委員会

娘が万引きしたことをどうしても信じられない添田は、学校から、青柳が過去に痴漢行為をしたことがあるという噂を聞き、本当のことが知りたいあまり青柳をストーカーのように追い回す。ラーメン屋に入ると隣に添田が座るシーンや、仕事終わりに待ち伏せされ、「謝る以外、どうしたらいいかわかりません」と土下座するシーンは見ている側までじわじわと追い詰められていく感覚になる。苦悩や葛藤を抱えながらも、店長として働き、日常を危ういバランスで生きる青柳。松坂の俳優としての持ち味がリアリティを与えている。

■救いはあるのか?徐々に壊れていく松坂の演技に注目

喪失感と後悔と悔しさで自分を見失う添田を始め、事故の関係者は誰も加害者ではないというところが本作の切なく、やりきれないところである。店長として万引きした少女を止めようとしたことで凄惨な現場を目の当たりにした青柳は、苦しみ続けた末、ある日、買ってきた弁当が注文したものと違っていたため、店に電話をして、いきなり豹変して恫喝。そんな青柳を励まし続ける草加部に「正しいとか、正しくないとか何なんですか?」と声を荒げる。我慢に我慢を重ねた末に糸が切れ、ようやく自分の中に溜まっていたものを吐き出す様にも松坂の演技が光る。

©2021『空白』製作委員会

人間は不完全な生き物であり、聖人君子ではない。添田は失って初めて娘のことや別れた妻のことを理解しようとするようになる。正義感が強く、添田に偽善者呼ばわりされた草加部は、ボランティア活動で、仕事ができない後輩に思わず声を荒げて涙を流す。視聴者に"こういう人いるよな"と思わせる登場人物ばかりであり、ありふれた日常を襲う突然の出来事も含め、ノンフィクションのようなリアリティ。暗闇に射す一筋の希望まで、じっくり描ききった映画。観た者に、深い余韻を残す作品だ。

文=山本弘子

放送情報

空白
放送日時:2022年6月20日(月)21:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

古田新太・松坂桃李の放送情報は
スカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事