7ORDER・長妻怜央が自身の恋愛観を告白!「僕はグイグイ系ですね(笑)」

7ORDER・長妻怜央が、映画『ラストサマーウォーズ』(6月24日(金)ユナイテッド・シネマ入間で先行公開、7月1日(金)より全国順次公開)に出演する。

映画『ラストサマーウォーズ』に出演する長妻怜央
映画『ラストサマーウォーズ』に出演する長妻怜央

同作品は、埼玉・入間を舞台に自主映画制作に奮闘する小学生たちの姿を描く青春ジュブナイル作品。内気な映画オタクの小学6年生・陽太(阿久津慶人)は、1学期の終業式の日に密かに思いを寄せていたクラスメート・明日香(飯尾夢奏)が夏休みの終わりに引っ越してしまうことを知る。明日香に思わず「僕の自主映画に出てほしい」と言った陽太は、映画制作に参加してくれる仲間を捜し始める、といったストーリー。長妻は、主人公の陽太の背中を優しく押す兄・匠を演じる。

今回、長妻にインタビューを行い、役作りや演じる上で意識したこと、撮影秘話、少年時代の思い出、自身の夢などについて語ってもらった。

――優しい兄という役どころですが、どのように役作りされましたか?

「僕はお兄ちゃんも弟もいないので、"お兄ちゃん"という存在については分からないのですが、一緒に活動している(7ORDERの)メンバーがお兄ちゃんみたいなものなので、メンバーたちからインスパイアを受けてお芝居させていただきました。実際に演じて難しかった部分もあったのですが、弟役の阿久津くんが甘えてくる感じじゃなくクールな感じで、僕とは違ったタイプの"弟"を演じてくれたのですごくやりやすかったです」

――ご自身との共通点は?

「他人との接し方に関して通ずるものがありました。匠は誰に対してもフランクで、弟に対しても年下扱いせず同じ目線で意見を言うことができる人なので、そういったところは僕と似ているなって思いました」

――演じる上で意識したことは?

「とにかく自然体でいることを心掛けました。日常を描いた作品で、主人公が心を許している存在の兄という役柄でもあるので、芝居っぽさが出てしまうのは違うと思ったので。着飾らず、声のトーンも落とした感じになるよう意識しました。(自然体を追求するのは)やっていて『逆に難しいな』と感じました。そんな中で、監督から『頑張っている弟に対して、優しく背中を押してあげるお兄ちゃんになってほしい』と言っていただいて、僕もそう思っていたので、『阿久津くんとどうやって距離を縮めようか』と考えていたのですが、阿久津くんとは撮影以外の時間に話していく中ですごく自然に"兄弟感"が生まれたので、苦労することなく陽太と匠の関係性を作り上げられました」

――印象に残っている撮影中のエピソードを教えてください。

「陽太の担任の先生役で井上(小百合)さんが出演されているのですが、"陽太たちが作る映画に出てくるゾンビ役を先生が演じる"というシーンの準備で、井上さんがゾンビメイクをしていたら、スタッフさんから『(撮影現場に)戻ってきてください』って呼ばれたんです。井上さんが『(メイクが)まだ途中なんですけど...』って戸惑っていると『途中でもいいので!』って言われて、顔半分ゾンビの状態で戻ったら、どうやらゾンビじゃない普通の状態での撮影だったらしく、井上さんとしては『ゾンビになってください』って言われてメイクをしていたら、途中で呼び戻されて、結局半分まで進んだゾンビメイクをまた落とさなきゃいけないという (苦笑)。僕はその一部始終を見ていて何も手伝ってあげることができなくて(場を和ませるために)『僕はどうしましょう?』って言ったら、井上さんもスタッフさんも笑ってくれたということがありました。井上さんとはその日初めてお会いしたのですが、バタつく中で起こったハプニングにも(ギスギスせず)明るく対応されているのがすごく素敵だなって思いました」

――少年たちの大冒険を描いた作品ですが、長妻さんの少年時代の冒険エピソードを教えてください。

「小学生の時に、お母さんとお姉ちゃんと3人でDVDショップに行ったことがあって、その店が車で30分くらいかかるところだったんです。お店に着いてからお母さんがショップカードを忘れたことに気付いて、お姉ちゃんにだけ家に取りに戻ってくることを伝えて店を出たのですが、他の棚の前にいた僕は聞かされていなかったので、ふと気付いたらお母さんがいないから先に帰ったんだと思って、徒歩で3時間くらいかけて帰ったんです。そうして家に着いたら、お母さんたちがすごく心配していて...。当時は何とも思わなかったんですけど、今思えば大冒険したなって思いますね(笑)」

――陽太たちが「映画を完成させる」という夢を実現させるために奮闘する物語ですが、長妻さんの何としても実現させたい夢は?

「今、グループ活動をさせていただいているのですが、それをより多くの人に知っていただくというのが僕の夢ですね。メンバーみんなとよく話しているのですが、大きいところでライブをやるというのも目標ですし、よりコアな音楽ファンの方々にも認めてもらえるようなライブをやるというのも目標。2軸でできたらいいなという思いがあります」

――弟の陽太は映画オタクですが、長妻さんが今ハマっていることは?

「家でステーキを食べるのにハマっています。小っちゃい頃に家で食べたステーキがすごくおいしかった思い出があって、一人暮らしになってやってみたらすごくおいしくて! 500円とか1000円くらいの普通のお肉なんですけど、自分の好きな焼き加減で食べられておいしいので、最近ハマってちょくちょく食べています」

――明日香に密かに思いを寄せていた陽太でしたが、ご自身は好きな女性に対してどのような態度をとりますか?

「僕はグイグイ系ですね(笑)。好きな子ができたらみんなにバレちゃうくらいアピールしちゃうと思います。ただ、グイグイ系ではあるんですけど、100%大丈夫そうだなって確信できないと告白はできないんじゃないかな。無理だったら恥ずかしいんで...(苦笑)」

――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします!

「"お兄ちゃん"という僕にとって新鮮な役柄ですので、今までにないようなキャラクターを観せられるんじゃないかなと思っています。ぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです!」

取材・文=原田健 撮影=皆藤健治

この記事の画像

放送情報

映画『ラストサマーウォーズ』
2022年6月24日(金)よりユナイテッド・シネマ入間で先行公開
2022年7月1日(金)より全国順次公開
https://lastsummerwars.com/

長妻怜央の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事