菅田将暉の天然パーマ風ヘアとセリフ回しが印象的なドラマ「ミステリと言う勿れ」

さわやかなイケメンやコミカルな青年、さらには傍若無人な美少年など、どんなキャラクターも変幻自在に演じて来た俳優・菅田将暉。2009年放送のデビュー作『仮面ライダーW』のフィリップ役で桐山漣とダブル主演を務め、注目を集めた菅田は、その独特なたたずまいと圧倒的な演技力が評価され、さまざまな話題作に出演し、日本を代表する若手実力派俳優へと成長した。そんな菅田が、謎めいた大学生を演じたドラマが「ミステリと言う勿れ」だ。

主人公の天然パーマを地毛で再現した菅田将暉
主人公の天然パーマを地毛で再現した菅田将暉

累計発行部数1400万部超の大人気コミックが原作のこのドラマは、天然パーマにコンプレックスを持ち、友だちも彼女もいないながらも、カレー作りに情熱を注ぐ大学生・久能整(くのう・ととのう)が主人公。ある秋の日、高校時代の同級生だった寒河江健(藤枝喜輝)が近くの公園で殺害され、その容疑者として、大隣警察署・強行犯一係の刑事たちから取り調べを受けることになった整。彼を尋問するのは、捜査の陣頭指揮を執っているベテラン刑事の薮鑑造(遠藤憲一)をはじめ、先輩に怒鳴られて畏縮する紅一点・風呂光巡査(伊藤沙莉)や、もうすぐ父親になる池本巡査(尾上松也)、そして、かつて担当した未解決事件を引きずっている青砥警部(筒井道隆)という面々。さまざまな問題を抱える彼らの言動から、整は事件の裏に隠されたヒントや、それぞれが抱えている悩みの存在に気づいていく。そして、特に「事件を解決したい」という思いはないまま、ただただ思いつくことをマイペースに話すうちに、いつのまにか事件の謎だけでなく、人の心まで解きほぐしてしまう...。

役になり切るために、髪型や髪色、体重の増減などを変化させることでも知られている菅田は、本作でも整の最大の特徴であるボリュームたっぷりの天然パーマを地毛で再現。そのインパクト大のヘアスタイルもすんなりと我がものとしながら、常に冷静沈着で無表情な一方で、言葉の端々には他者への思いやりや優しさが滲むといった難役を見事に演じきった。

また、第1話で整と出会った大隣警察署・強行犯一係の刑事たちを演じる俳優陣も個性派揃い。整と出会い、彼の言葉に救われた風呂光が人間的に成長していく姿に圧倒的な説得力を持たせた伊藤の熱演や、お調子者の池本巡査を演じる尾上のハイテンションぶりと菅田の落ち着いた演技とのコントラストも要注目だ。

社会で「当たり前」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格の整。そんな彼が、圧倒的な記憶力に支えられた膨大な知識と独自の価値観による持論を展開させることで事件を解決していくという新感覚ミステリーをさらに魅力的に進化させた菅田の名演を味わってみて欲しい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

ミステリと言う勿れ
放送日時:2022年8月15日(月)12:10~
チャンネル:フジテレビTWO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

菅田将暉の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事