高校生ラッパーが叫ぶ!「第13回高校生RAP選手権」は激アツバトルの連続

3月17日、東京・豊洲で「BSスカパー!BAZOOKA!!! 第13回高校生RAP選手権 in TOKYO」が開催された。同大会は、スカパー!主催の若手ラッパーの日本一を決めるフリースタイルバトルの選手権大会で、関東、関西、北海道、東北、九州の全国5ブロックで行われたオーディションを通過した16人の若手ラッパーが参戦。試合は8小節の2ターンで行われ、トーナメント方式による勝ち抜き戦で過去最高に熱いラップバトルを繰り広げた。この模様は、4月16日(月)のBSスカパー!「BAZOOKA!!!」で放送される。

マイクロフォンの調子は最高潮!1回戦から名バトルの連続!!

イベントでは、司会の小籔千豊の下、出演者のやべきょうすけ、くっきー(野性爆弾)、千鳥、Licaxxx、紗蘭が見守る中、若手ラッパーの面々が登壇。1回戦、Aブロックの第一試合では、大阪府出身の"Red Eye"と、新潟県出身の"阿修羅"が激突。前回大会で初出場ながらベスト4に駒を進めたアウトローキャラの"Red Eye"に対し、初出場の"阿修羅"がどう立ち向かうかに注目が集まる中、初戦から波乱の展開となった。審査委員長の漢 a.k.a GAMIは「スキルは五分五分!」と評し、審査員のR-指定(Creepy Nuts)も「延長戦でもいいかと思った」と判定に頭を抱えるなど、審査員泣かせの名勝負に。結果は、ニューカマーの"阿修羅"が"Red Eye"を退け、2回戦に進出した。

拮抗した勝負が続く中、千葉県出身の150kgオーバーの体重を誇る大食漢キャラの"コウキ a.k.a 仏"と、大阪府出身で優勝候補の"HARDY"によるAブロックの第4試合では、初の延長戦に突入。先攻・後攻を入れ替えて行われた延長戦を経て、"HARDY"に軍配が上がった。審査員のANARCHYも「1本目は"コウキ"だったけど、2本目は"HARDY"だった」と、コメントを。

1回戦の最後の試合となるBブロックの第4試合では、前回大会で準優勝に輝き優勝候補筆頭と目される長野県出身の"G-HOPE"が登場。ラップ歴2年で、これまで一度も人前でラップを披露したことがないという青森県出身の"FXAR"を下し2回戦へ。R-指定(Creepy Nuts)は"FXAR"に「面白い声! あとは現場を踏めばもっと良くなる!」とエールを送った。

勝ち進んだG-HOPEは、愛知県出身のはまぞうと対戦。はまぞうは、独特のワードセンスや言い回しを得意とするインテリジェンスラッパー。"弁当箱の中では主人公のタコさんウィンナー"など、面白いラップで先攻のG-HOPEに反撃し、勝負は延長戦までもつれた。G-HOPEが辛くも勝利したが、2回戦はハイレベルな試合の連続。さらに準決勝は阿修羅(初出場)×HARDY、十六夜(大阪府出身・初出場)×G-HOPEという、初出場者が優勝候補に挑む屈指の好カードが組まれた。準決勝を含む詳しいラップバトルの模様は、4月16日(月)の放送でチェック!また、1回戦・2回戦はヨムミルONLINE(https://yomumiru.skyperfectv.co.jp/video/player.html?sr=13thrapmv)、ヨムミル!Plus(アプリ)でも無料配信中!※スマホ経由の方はアプリ視聴になります。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

BAZOOKA!!! 第13回高校生RAP選手権

放送日時:2018年4月16日(月)21:00~

チャンネル:BSスカパー!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事