ナイツが料理番組のMC初挑戦で浅草を捨てる!?

写真左から、塙宣之、土屋伸之
写真左から、塙宣之、土屋伸之

ナイツが料理番組のMCに初挑戦!時代劇専門チャンネルが10月から立ち上げたオトナのための教養バラエティ枠「Edoテレ」の看板番組としてスタートする「ナイツの素人包丁」で、塙宣之が江戸時代のレシピを料理で再現、土屋伸之はツッコミ&教養情報を担当。初回収録を終えた2人がインタビューに答えた。

「コンビを組んで18年かかりましたが、料理番組をやるのが夢でしたので、自分の中では最短のルートで来られたんじゃないでしょうか」

土屋「いや、最短じゃないでしょ。最短だったらもっとやることあったでしょ?僕は塙さんの料理の腕前っていうのはよく分からなかったんですが、一人暮らしをしていた時に、スパゲッティとか、家でごちそうになった記憶がありますが。今日あらためてやってみて、こんなにできないんだ!と(笑)。魚のおろし方とか、ヒドかったですね」

「料理はハートですからね。僕は包丁を使わない料理を得意としていたんで(笑)」

番組では、1800年代序盤の江戸時代で刊行された家庭料理の献立全集『素人包丁』に記されたレシピを、ミシュラン1つ星を獲得した東京・神楽坂にある「割烹 神楽坂くろす」の黒須浩之氏に教わりながら再現していく。初回は『イワシのカピタン漬け』『蟹鍋煮』にチャレンジした。

「魚にあんなにウロコがあるんだな、と。目からウロコでした。ギョギョギョギョギョ!」

土屋「はいはい、ありがとうございます」

「料理はね、好きなんですよ。見るのが。ま、やるのは初めてなんですが。本当は先生の料理を横で見ていたいんです。上沼恵美子さんの〝おしゃべりクッキング〟のイメージでね、あぁいうのやりたいなって思っていて。そういうふうになれたのがうれしいです。やっぱり料理って、できるようになりたいじゃないですか。うまくなるんじゃないかと思いましたね」

土屋「そうなるといいですね。僕は実は塙さんとは逆に、最近ちょっとやり始めているんですよ。カミさんの誕生日ケーキを作ったりとか。子供の教育のためにと、一緒にやってるんですが。たまには逆にして、塙さんがツッコミをやって、僕が料理をするとか、やってみてもいいかもしれませんね」

「やっぱり2人とも素人ですからね」

土屋「江戸時代の食の再現といっても、やってみてそんなに難しいものでもないでしょ?」

「昔って、お酢やしょう油もないと思ってたので、そういう調味料を一から作るのは大変かと思っていましたけど、結構あったらしいんですよね。だから鍋で煮るだけ、とかなので、意外に誰でもできるんだなと思って」

土屋「やってみたら割と普通の料理番組でしたね。普通に、火もあるし、火鉢とかでやるわけじゃないですもんね。だからむしろ、意外にちゃんとおいしい料理を作るっていうことになってますもんね。これを見てご家庭で再現できるようになっているってことですね?」

「そういうことです!味は本当に、江戸時代と同じになっているらしいですからね。食べましたが、非常においしかったですよ。第1回の『イワシのカピタン漬け』と『蟹鍋煮』は簡単ですし、皆さんにもぜひ作っていただきたいですね」

まだまだしゃべり足りない2人に、好きな料理や番組の面白さについてさらに直撃!

この記事の画像

放送情報

ナイツの素人包丁

放送日時:2018年10月12日(金)23:00~

※毎月第2週(金)、第4週(金)23:00~

チャンネル:時代劇専門チャンネル

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事