大食いビューティーYouTuber・木下ゆうかが明かす動画制作のこだわり

木下ゆうか
木下ゆうか

大食いビューティーYouTuberの木下ゆうかが、3月29日(日)放送の「ぼくらベアベアーズ~ひと夏の恋 木下ゆうか 特別出演版~」(カートゥーン ネットワーク)で声優に初挑戦する。

同番組は、ほんわか心なごむ3人のクマが主人公のコメディアニメ。木下が出演する「ひと夏の恋」では、タピオカ店で運命の女性と遭遇したパンダ(声・谷山紀章)が、彼女が忘れていったスマホを届けるため、彼女を探す旅に出るというストーリー。木下は、パンダが恋に落ちたアマンダを演じる。

今回、同作の大ファンだという木下にインタビューを行い、出演が決まった時の感想やアフレコ時のエピソード、YouTuberとしての動画制作におけるこだわりなどについて語ってもらった。

――「ぼくらベアベアーズ」の大ファンだとお聞きしましたが、好きになったきっかけは?

「フィリピンのセブ島に行った時に、飛行機の中で見たのがきっかけです。映画などは字幕がなくて、『アニメだったら分かるかな』という感じで見たらすごく面白くて!大好きになって、いろいろネットとかで探して見るようになりました。グッズもネットで調べて、見つけたらすぐに買っちゃうんです(笑)」

――どういったところに惹かれたのですか?

「話す内容も行動も一癖あったり破天荒だったり、かわいい絵柄とのギャップが好きです!」

――そんな大好きな作品に出演できると聞いた時の感想は?

「もう信じられなかったです!『いつか、作品に関わるようなお仕事ができたらな』って夢見てたんですけど、まさか声優さんをやらせてもらえるなんて思ってなかったから、めちゃめちゃうれしかったです。いただいた台本に『ここはこんな感じで言う』という感じでめちゃめちゃメモして、(声を入れる前の)映像を何度も見て練習したり、これまでの別の話の映像も見返したりと、自分なりにたくさん準備をしてから本番に臨みました。思ったほどうまくできなかったんですけど...(苦笑)」

――完成した作品を観させていただきましたが、木下さんの地声とは違ったイメージを受けて、本物の声優さんのような感じでした。

「ありがとうございます!実は、普段の私はあまり滑舌が良くないからネットで『声優さんのコツ』を調べて、腹式呼吸で発声できるようにいろいろやったんですよ。『ぼくらベアベアーズ』はすごく素敵な作品なのに、私みたいな素人が出て台無ししちゃったらいけないと思って、少しでもやれることはやろうって」

――初めてのアフレコはいかがでしたか?

「1人でブースに入って、別室にいる監督さんからの指示をヘッドホンで聞きながら声を入れていくのですが、すごく緊張して全然うまくできなかったです。特に、口の動きに合わせて決められた時間内に台詞を言うのが大変で、そんな中で感情を入れるというのがすごく難しかったです。棒読みみたいになっちゃうんですよ...」

――アマンダはパンダ好きの女の子ですが、ご自身の好きな物は?

「ネコ、ごはんを食べること、お酒を飲むのも好きだし、映画や漫画、読書も好きです。インドアなことが多いですね(笑)。お休みの日は、友達とごはんを食べに行くことが多いですね。家でも外でもたくさん食べていて、時間があれば食べちゃうんですよ」

――男性もよく食べる人の方が好きですか?

「よく食べなくてもいいけど、食べることが好きな人の方がいいですね。逆に、よく食べる人だと私もよく食べるから、会話がなくなっちゃうかも(笑)。食べるのが好きで、私よりもちょっと少ないくらいの量を食べる人の方が楽しく過ごせる気がします」

この記事の画像

放送情報

ぼくらベアベアーズ~ひと夏の恋 木下ゆうか 特別出演版~
放送日時:2020年3月29日(日)11:30~
チャンネル:海外アニメ!カートゥーン ネットワーク

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!