乃木坂46・齋藤飛鳥山下美月梅澤美波が作り上げた「最強の世界」

アイドル界のトップランナーである乃木坂46。さまざまな個性を持つメンバーが多方面で活躍している中で、同グループをけん引する齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の3人が"女優"としてのポテンシャルを大いに発揮している作品がドラマ「映像研には手を出すな!」だ。

同作品は、大童澄瞳の同名人気コミックを実写化したもの。2020年1月にNHK総合でアニメ化されると、SNS上で「本当に面白い!」「毎回質のいい涙がでるな」「今期1番面白い」などと話題に。さらに、実写化が発表されると「ただただ楽しみです!」「実写化がもう楽しみで仕方ない」「この世界観を実写で表現できるビジョンが見えない」「近年マンガやアニメの実写化はほぼ失敗作ばかりだから、今回は失敗しない事を願う」と賛否が分かれて議論が巻き起こった。

そんな注目を集める中で、3人は実写化に懐疑的な意見を吹き飛ばすほどの演技を披露。齋藤はアニメーション制作を夢見る高校1年生の浅草みどり、山下はアニメーター志望のカリスマ読者モデルの水崎ツバメ、梅澤は浅草の同級生でお金を儲けることが大好きな金森さやかをそれぞれ演じているのだが、コミックやアニメという二次元に生きるキャラクターを見事に実在しているかのような"人物"に進化させている。

(C) 2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C) 2016 大童澄瞳/小学館

人付き合いが苦手でアニメ研究会に入ることに気が進まない浅草とアニメーター志望だが両親に反対されているツバメが出会ったことにより、金森の提案で3人は映像研究会を設立してアニメを制作することに。研究会設立に必要な条件をクリアし、脳内にある"最強の世界"を表現するために奮闘していくというストーリーなのだが、特徴的なキャラクターとアニメ制作の裏側が前面に描かれているため、コミックやアニメでは登場人物たちの"人間的な部分"が影を潜めているきらいがあった。だが、実写版では演じる3人がそれぞれのキャラクターの特徴を生かしつつ、登場人物の人間性や性格が構築された背景にまで踏み込んだ芝居で"人間的な部分"を補完して、コミックやアニメとはまた違った「映像研」の世界を作り上げている。

(C) 2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C) 2016 大童澄瞳/小学館

例えば、両親共に俳優でカリスマ読者モデルとして活躍している恵まれた環境のツバメを、山下は天真爛漫で明るい"陽キャ"として表現。育ちの良さからくる奔放さや嫌味のなさを際立たせることでキャラクターに血を通わせている。また、コミックやアニメでは表情の変化が希薄で口調も平坦という最も三次元化しづらい金森を、梅澤は堂々としたたたずまいや説得力を持たせたせりふ回しで「本当に居たらこんな感じなのだろう」と思わせてくれる。どちらも入念に役をひもとき独自の解釈の下、それぞれのやり方で一から役を作り上げたからだろう。

(C) 2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C) 2016 大童澄瞳/小学館

中でも、齋藤の役作りは圧巻。人見知りのため他人と話す時は江戸っ子の"べらんめえ口調"になったり広島や博多の方言になったりする浅草のせりふ回しを違和感なく演じるほか、他人の前ではおどおどしているがアニメのことになると夢中になって周りが見えなくなるところや、くだらないことではしゃぐ子供っぽいところなど、世間の持つクールで"ツン"な齋藤のイメージとは真逆の女性になりきっている。観ていると、こちらの方が素の齋藤自身に近いのではないかと思ってしまうほど。

さらに特筆すべきは、声を変えて演じているところだ。コミカルなキャラクターのため役に合わせた声で演じるというのは、思うほど簡単なことではない。変え過ぎてしまうとコントのような悪ふざけ感が出てしまうし、変化が少ないのであれば変えない方がいい。その微妙なバランスの上で成り立つちょうどいいポイントの声で感情の起伏や心情を表すというのは、女優としてとてもチャレンジングな試みだろう。そして何より、連続ドラマと実写映画を通してその声で演じ続けるというのは、撮影に臨むに当たって役をかなり明確なイメージで捉えて、最後まで演じ切れるほどに固めていないと難しいだろう。撮影前にどれほど役と向き合っていたのかが見てとれる芝居は、「齋藤が演じる浅草」ではなく「現実に存在する浅草」を生成して、コミックやアニメではない「実写」というジャンルの「映像研には手を出すな!」を創り出す一因となっている。

(C) 2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C) 2016 大童澄瞳/小学館

そんな彼女たちの演技は、第1話放送後のSNSで「実写化の評価が想像以上!」「これは期待を超えてきた!」「3人の演技力の高さ、特に飛鳥がめっちゃハマってる。実写化の最高峰かも」といった反響をもたらし、実写版として"最強の世界"を創出。

そんな本作が5月17日(日)にTBSチャンネル1で一挙放送される。ただのアイドルドラマと思うなかれ! "女優"の3人が作り上げたキャラクターが織り成す"最強の世界"をぜひ見届けてほしい。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

映像研には手を出すな!
放送日時:2020年5月17日(日)21:00~ 全話一挙放送
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!