AKB48グループの歌唱力自慢のメンバーが美しいハーモニーで新曲を初披露!

「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE」が、3月26日に千葉・舞浜アンフィシアターで開催された。

同イベントは、昨年12月1日に行われたAKB48グループの中で最も魅力的な歌い手を決めるプロジェクト「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」でベスト8に勝ち残ったファイナリストと審査員特別賞に選ばれたNMB48・山崎亜美瑠による一夜限りのライブイベント。

山崎のほか、STU48・池田裕楽、SKE48・野島樺乃、AKB48/STU48・岡田奈々、HKT48・秋吉優花、SKE48・古畑奈和、STU48・矢野帆夏、NGT48・三村妃乃、SKE48・山内鈴蘭が出演した。

ライブではOvertureの後、全員で映画『天使にラブ・ソングを』の「I Will Follow Him」を歌ってプレミアムなイベントの幕を開けた。自己紹介の後、山内が「飾りじゃないのよ涙は」、秋吉が「限界突破×サバイバー」、山崎が「Bedtime Story」、矢野が「夜風の仕業」、野島が「夢の在処へ」といった順に、9人それぞれが初披露となるソロ歌唱で会場を盛り上げた。感染予防対策のためソーシャルディスタンスが保たれた客席を埋めるファンたちは声援を発することができないため、ひと際大きな拍手で個性豊かな魅力あふれる出演者たちのパフォーマンスを称えていた。秋吉は「今日のイベントのために(歌った曲の)氷川きよしさん(のイメージ)に合わせました」とオレンジのメッシュが映えるヘアスタイルについて明かし、矢野は「バンドの演奏で歌わせていただけるなんて幸せ過ぎて...」と感無量な様子で感想を語った。

続いて、ユニットパートへ。秋吉と山崎による「ドライフラワー」、野島と山内による「WINDING ROAD」、矢野と三村による「再会」、岡田と古畑による「革命デュアリズム」の4曲を披露。秋吉と山崎は「去年も2人で弾き語りをさせていただいたのですが、また成長して披露できました」と告白し、野島と山内は「ハモりがめちゃめちゃ難しくてすごく練習したのですが、本番が過去イチ楽しくできました」とにっこり。そんな中、数年ぶりにデュエットしたという岡田と古畑は互いの見た目について「お互い変わったねぇ~(笑)。あの時は黒髪でかわいい感じだったのに!」とコメントし合って笑いを誘っていた。

さらに、これまでの「歌唱力No.1決定戦」の予選や決勝戦で歌った曲を披露するパートでは、三村が「生まれてはじめて」、池田が「異邦人」、古畑が「to U」、岡田が「炎」を歌い上げるなど、2回目のソロ歌唱でファンたちを魅了。池田は「決勝で歌った時は『これ1回きりかな』と思っていたので、歌わせていただいてうれしかったです」と明かし、「優勝してから『異邦人』って呼んでもらえるようになりました」と苦笑。一方、岡田は「この曲はフルで歌わないと良さが伝えきれないので、決勝戦でベスト8に残れたらフルで歌わせてくださいってプロデューサーさんにお願いしていたんです!ファイナリストに残れてよかった~」と裏話を語った。

また、岡田が「大声ダイヤモンド」、野島、古畑、山内が「恋を語る詩人になれなくて」、山崎が「僕はいない」など、それぞれが所属するグループの楽曲を歌うパートも。クライマックスでは、全員で「夕日を見ているか?」「365日の紙飛行機」をパフォーマンス。

アンコールでは、「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」のステージ上で楽曲制作がサプライズ発表された、ゴスペラーズ・黒澤薫作詞・作曲の9人のオリジナル楽曲「はじまりの唄」を初公開。この9人でしか奏でることができない美しいハーモニーで会場を包んだ。野島は「今日のためにすっごく練習したじゃないですか。だから、今日こうやって披露できてすごい達成感です!」と心境を告白した。

さらに、客席で見守っていた黒澤を紹介。黒澤は「自分が作った歌を歌ってもらうというのはすごく緊張しました。自分で歌う方が楽ですね(笑)」と吐露して会場沸かせながらも、「僕はアイドルじゃなくて9人のシンガーのために作ろうという思いで作りました。それが正解だったと分かってもらえたんじゃないかなと思います」と同曲に込めた思いを語った。

最後は、9人それぞれがイベントに懸けた思いや感想などを明かした後、「また あなたのことを考えてた」を歌唱してイベントを締めくくった。

イベント後、9人と黒澤がマスコミ向けの囲み取材に登場。三村は「あまり他のグループの先輩方とかかわることがないので、すごく勉強になります。今後、オリジナル楽曲のリリースもありますので、もっともっと先輩方を見て勉強していきたいと思います。『―ファイナリストLIVE』はすごく楽しくて幸せな現場なので、次回があったらまた参加したいと思います!」、古畑は「スタッフさんから『好きなように時間を使ってください』といっていただいて、本当に自由にやらせていただきました。こういう(自由にやらせてもらえる)場はあるようでなかったりするので、すごく幸せでした」とそれぞれ感想を明かした。そんな中、池田は「私はできないところがあるとすぐに諦めてしまっていたのですが、先輩方は休憩時間でもできるまで練習されていて...。その姿を見て、ファンの方に見えないところで諦めずに頑張っているからこそ輝けているんだなと感じたので、私も諦めずに頑張ろうと思いました」と先輩たちから刺激をもらったことを告白。

一方、黒澤は「僕が勝手に思っていたAKB48のイメージを大きく超えるライブをしていたなと。リハーサルから観ていたのですが、本当に歌手の集団だなと思いました。僕の作った曲は歌いにくい曲だと思うんですけど、しっかりと本番で一番いい状態でパフォーマンスしてくれたので、客席で普通に喜んでしまいました(笑)」と総評をコメントした。

このイベントの様子は、3月31日(水)の深夜にTBSチャンネル1で放送される。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE
放送日時:2021年4月1日(木)0:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!