AKB48・岡田奈々、ファイナリストライブでのサプライズ発表を受けて、次の大会への参戦を表明!「ユニット戦なんて聞いてなかった」

「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE」が8月31日に東京都内で行われ、AKB48・岡田奈々、村山彩希、SKE48・古畑奈和、HKT48・坂本愛玲菜、NGT48・三村妃乃、STU48・池田裕楽、矢野帆夏、清水紗良、今村美月が出演し、持ち前の歌唱力を存分に披露して会場の約1600人を魅了した。

同イベントは、AKB48 国内6グループのメンバーの中で最も魅力的な歌い手を決めるプロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の1月に開催された第4回決勝大会でファイナリストとなったメンバーたちによる一夜限りのライブイベント。この模様は、舞台裏映像を追加した完全版としてTBSチャンネル1で9月24日(土)に放送される。

ライブは、客席後方から一人ずつ登場し、ステージ上に全員並んでYOASOBIの「群青」からスタート。自己紹介と一言あいさつの後、9人が同イベントのために練習をした曲をそれぞれソロ歌唱した。池田は鈴木愛理の「未完成ガール」、坂本はヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」、矢野は横山由依の「月と水鏡」、村山はコレサワの「たばこ」、今村は東京事変の「女の子は誰でも」を披露し、5人でMCへ。

MCでは、坂本が「いつもバラード系が多かったので、今回はカッコいい曲を歌いたいなって思って選びました。緊張したけど、めっちゃ楽しかったです!」とにっこり。すると、矢野は「私は、いつもバラード系が多かったので、バラード系にしました(笑)」と苦笑い。一方、村山は「アップテンポの曲がすごく多かったので、バラードが初めての挑戦だったんですけど、ファンの方からいただいたお花をスタッフさんがステージ上に飾ってくださっているので、ファンの方と一緒に歌っている気持ちで安心して歌うことができました」と告白。
今村は「歌唱力のファーストステージの時に、審査員の方に『お店みたい』って言われたので、今回もお店っぽく...(笑)。皆さんがペンライトの色を変えてくださったりとかして、本当に心強くて幸せでした」と明かすと、池田も「トップバッターで、ペンライトの色が急に私の色に変わって、それで動揺しちゃって緊張したんですけど、『1人で歌える機会ってすごく貴重だな』って思って、幸せな時間でした」と語った。

続いて、三村が初音ミクの「ロミオとシンデレラ」、古畑がヒグチアイの「悪魔の子」、清水が大森靖子の「みっくしゅじゅーちゅ」、岡田が放課後ティータイムの「ふわふわ時間」を熱唱。三村は「今日8月31日は(『ロミオとシンデレラ』を)歌唱している初音ミクちゃんの誕生記念日なんです!だから、8月31日開催っていうのを聞いて『ボカロ曲で何かいい曲ないかな?』って探して、披露させていただきました」と打ち明け、清水は「私は大森靖子さんが大好きで、リスペクトを込めて歌ったんですけど、すごく楽しかったです」と笑顔を見せた。そして、今回で同大会出場は最後であることを公言している岡田は「『けいおん!』っていうアニメの曲なんですけど、ファイナリストライブでは『カッコいい曲ばっかりやろう』って思ってやってたけど、最後くらいかわいいのをやりたいなと思って『やろう!』って」とにやり。そんな中、古畑は「過去一緊張しちゃって...。初めてステージに立って『逃げたい』と思った。でも、目を開けた瞬間に私の色のサイリウムが広がっていて、ちょっと落ちつきました」と心境を吐露した。

この記事の画像

放送情報

第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE 完全版
放送日時:2022年9月24日(土)19:00~
チャンネル:TBSチャンネル1
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事