AKB48・岡田奈々が念願の戴冠を狙う「すごくやる気満々です!!」

写真左から 古畑奈和、岡田奈々、池田裕楽
写真左から 古畑奈和、岡田奈々、池田裕楽

AKB48・岡田奈々やSKE48・古畑奈和、STU48・池田裕楽らが、11月15日(月)と16日(火)にTBSチャンネル1で放送される「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の予選審査に登場する。

同イベントは、AKB48グループの中で最も魅力的な歌い手を決める第4回大会。立候補者による予選では、自ら指定した課題曲をピアノ伴奏で歌唱し、その映像を見たプロのミュージシャンらが生放送のスタジオで審査。2022年1月12日(水)に行われる決勝大会に進出するメンバーを決定する。

このほど、予選に向けた歌唱映像を撮り終えたメンバーからコメントが届いた。

第1回大会から決勝常連の岡田は「(歌唱する)この2分30秒に対して、どれだけ気合を入れて臨めるかということの大切さを前回感じていたので、今年は歌う候補の曲をすぐ決めました。それくらいこの1年を『何歌おうかな?』と思いながら過ごしてきたので、すごくやる気満々です!」とみなぎる闘志を見せた。

また、大会について「予選が近づくと、みんな『眠れない』とか『胃が痛い』とか『お腹痛い』ってなるくらい緊張するイベントなんです(笑)。でも、それくらい精神を削って何かをするって、人生でもなかなかない経験だと思いますし、人前で順位を付けられるので辛い思いをするかもしれないですが、そのぶんハートも強くなるし自分も成長できる他にはないイベントですね」とコメント。

岡田奈々
岡田奈々

一方、前回の決勝大会でクールなパフォーマンスで会場を盛り上げた古畑は「前回4位だったのですが、『出る』って決めたのがギリギリだったので、『今度はちゃんと準備をして出たらどこまで行けるのかな』という思いと、『他のアーティストさんの曲を歌えることってなかなかないので、歌いたいな』という気持ちで今回の出場を決めました」とにっこり。

そして、前回決勝大会に進んだSKE48メンバー4人の内、高柳明音、山内鈴蘭、野島樺乃はグループを卒業(および予定)のため出場しない。唯一の決勝大会経験者となることについて「やっぱり気は引き締まりますね。前回の決勝大会の雰囲気を知っているのは私だけだと思うと、勝手にプレッシャーを感じています(苦笑)。『ここで落ちるわけにはいかない!』って」と心境を明かした。

古畑奈和
古畑奈和

ほか、前回初出場で優勝をさらった池田は「去年の第3回が初出場で今回が出場2回目なんですけど、去年とはまた違った緊張感があって練習の時からドキドキしていました。前回はベスト8を目指していた中で予想以上に良い評価をしていただいたのですが、今回は去年の自分を超えるような歌を届けたいなと思っているので、『前回からどういう変化をつけて皆さんの前で歌うか』というのをすごく考えています」と告白。

さらに、「前は歌が好きで、その気持ちだけで歌っていたんですけど、1位をいただいてからいろんな場所で歌わせていただいたり、STU48の中での活動でも一人で歌う機会をたくさんいただく中で、自分で楽しんで歌うことは一番大事だと思うんですけど、『聴いてくださる方に届けたい』という気持ちが芽生えたので、第4回はそれを伝えられるように頑張りたいです」と意気込みを語った。

池田裕楽
池田裕楽

文=原田健

この記事の画像

放送情報

第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦[予選1]
放送日時:2021年11月15日(月)21:00~
第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦[予選2]
放送日時:2021年11月16日(火)21:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!