乃木坂46・早川聖来がスマホ内にある「流出したら困るもの」を告白

乃木坂46・早川聖来
乃木坂46・早川聖来

乃木坂46・早川聖来が、6月4日(金)より上演される舞台「スマホを落としただけなのに」に出演する。

同作品は、志駕晃によるシリーズ累計97万部超の人気ミステリー小説を舞台化したもので、2度の映画化をはじめ、コミック・朗読劇など幅広いメディアミックス展開で大ヒットした話題作。スマホを落としたことから始まる戦慄の展開を中心に、人間たちの心の機微や葛藤を描く。2020年に1万枚以上のチケットが即日完売するなど上演前から注目を集めながらも、新型コロナウイルスの影響により途中休演を余儀なくされたものをアンコール上演。早川は、昨年に引き続きヒロインの稲葉麻美を演じる。

今回、早川にインタビューを行い、アンコール上演が決まった時の感想や途中休演してから抱えていた作品への思い、アンコール上演に向けた意気込みなどを語ってもらった。

――アンコール上演が決まった時の感想は?

「すごくうれしかったです!アンコール上演をやることを決断してくださったスタッフの皆さん、ずっと『観たい』と声を上げ続けてくださっていた作品のファンの皆さまに感謝の気持ちでいっぱいでした」

――昨年の途中休演からの約1年間はどのような気持ちでしたか?

「休演後すぐは、やり切れない気持ちがあって『辛いな』と思うこともあったんですけど、外出自粛期間を経て『自分のやれることをやろう』と気持ちを切り替えて、コツコツとお仕事に向き合ってきました。ですが、そんな中でもやはりずっとどこかで引っ掛かっているものはありました。昨年ある日突然休演が決まって、(演者、スタッフ、関係者、ファンに)『必ずまた会いましょう』って言ってお別れしていたので、ちゃんとしたお別れをしていなかったんです。だから、この1年間はずっと『もうできないかも...。でも、公演がもしまたできたら次は(演技を)こうしてみよう』って考え続けていました。実は、自宅に終わった作品の台本を入れている棚があるのですが、この作品の台本はその棚には入れず、よく使う方の本棚に入れていたんです」

――約1年ぶりに麻美を演じることへの不安などはありますか?

「舞台自体が1年ぶりなので、『うまく声が出せるかな』とか『他のキャストさんに付いていけるかな』とか『(グループ活動と)うまく切り替えられるかな』といった不安は正直あります。一方で、昨年はすごく周りの皆さんに頼らせていただいたので、この1年の間に成人にもなったし、成長したところを他のキャストの方にも観に来てくださる方にも見せられたらなって思っています(笑)」

この記事の画像

舞台情報

舞台「スマホを落としただけなのに」
大阪公演:2021年6月4日(金)~6(日)
大阪・松下IMPホール
東京公演:2021年6月9日(水)~14日(月)
東京・日本青年館ホール

公式サイト:https://sumahootoshita-stage.jp
公式Twitter:@sumaho_STAGE

早川聖来の最新出演情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!