AKB48・横山由依がアイドルとして最後の舞台に懸ける思いを語る!

AKB48・横山由依
AKB48・横山由依

AKB48・横山由依が、10月6日(水)、7(木)に東京・日本青年館ホールで上演されるブランニューオペレッタ「Cape jasmine」に出演する。

同作品は、劇作家・根本宗子が約1年の充電期間を経て手掛ける演劇活動再開1作目となるミュージカルで、根本は作・演出・企画を務めるほか、演者としても出演する。また、演劇公演で初歌唱となる横山、私立恵比寿中学・中山莉子、ニッチェ・江上敬子、チャラン・ポ・ランタンのもも、あっこゴリラ、踊り子のrikoといったジャンルレスで異色な組み合わせの女性7人が、新しいミュージカル、"ブランニュー(真新しい)オペレッタ(喜歌劇)"を届ける。

演出家不在となった新作ミュージカルを、せめてもと記者会見のスタイルで楽曲だけ順に披露することとなった女優6人。そんな中、7人目の人物が現れる...といった内容。

今回、横山にインタビューを行い、今作への出演が決まった時の感想やアイドルとして最後の舞台となる同作への思い、自身の"ピンチエピソード"などについて語ってもらった。

――同作の出演を聞いた時の感想は?

「根本さんはいつかご一緒させていただきたいと思っていた方で、こんな早いタイミングで願いが叶うと思っていなかったので、夢のようで本当にうれしかったです。また、演劇活動再開1作目ということで、根本さんの表現したい思いがより詰まった作品になっていると思うので、そのタイミングでお声掛けいただけたというのは本当に感無量でした」

――共演者の方々については?

「皆さんそれぞれのフィールドでご活躍されている方で『どんな感じになるんやろう』って思っていたのですが、実際にお会いしたら本当に皆さん個性豊かな方々で!本読みでは、バラエティ豊かな人たちが集まることで生まれる面白さがあるなと感じました。これから稽古を重ねていくことで、より根本さんの台本に皆さんの個性が注入されていって、一層バラエティに富んだ作品になっていくんだろうなと思ってわくわくしました」

――"ブランニューオペレッタ"と謳って多くのチャレンジングな新しい要素が詰まった作品になっていると聞きました!

「台本を読んだ時点で、自分が思っているミュージカルとは違っていて、すぐに『根本さんのおっしゃっている"ブランニューオペレッタ"という新しいものなんだな』と感じました。また、今の時代ならではのせりふや今の状況だからこそ生み出された表現方法の中に、思わず『なるほど』と共感してしまう根本さんならではの目線で描かれる"世の中に対する違和感"が入っているところに『さすがだな』と感じて、各公演ごとのお客さんの反応がすごく楽しみになりました!」

この記事の画像

舞台情報

ブランニューオペレッタ「Cape jasmine」
2021年10月6日(水)、7日(木)
東京・日本青年館ホール

作・演出・企画:根本宗子
音楽:小春(チャラン・ポ・ランタン)
演奏:カンカンバルカン楽団

<キャスト>
横山由依(AKB48)
中山莉子(私立恵比寿中学)
江上敬子(ニッチェ)
あっこゴリラ
もも(チャラン・ポ・ランタン)
根本宗子

踊り:riko

<公式サイト> https://event.1242.com/special/cape_jasmine/
<公式Twitter> @new_operetta

横山由依の最新出演情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!