透明すぎる歌声で話題沸騰!ボーカルユニットC&Kとは?

じわじわと着実に人気を集めているボーカルユニット、C&K。
C&Kは、CLIEVYとKEENの2人組。大学在学時に結成し、横浜や湘南などで活動を始めた。特徴としては、エンタメ性の光るライブ力、そしてCLIEVYのハイトーンボイスとKEENのシルキーボイスを兼ね備えた圧倒的な歌唱力が挙げられる。CDデビューは2008年6月にリリースしたミニアルバム『CK island』なので、もう丸10年が経過したことになる。最初は神奈川を拠点にしていたが、彼らの目指すところは日本全国を地元(拠点)にすること。2010年2月に3枚目のミニアルバム『CK STYLE』をリリースした後に始めての全国ライブツアーを開催したが、そのタイトルは「日本全国CK弾教興行」だった。さらにその年の秋からのツアーでは「地元です。地元じゃなくても、地元です」というツアーを展開、その後も、ことあるごとに「日本全国」や「地元」という言葉を使って、全国を行脚している。

「C&K『JIMOTO×JIMOTO』」より

転機となったのは2013年。バラードシングルコレクション「アイアイの歌〜僕とキミと僕等の日々〜」をリリースした後、「アイのカタチ」というドキュメンタリー映像を公開したり、テレビ番組などのメディアにも取り上げられるようになり、C&Kの存在と歌が急速に拡散された。その後も全国=地元を意識して活動を続け、2016年に自身初のオールタイムベストアルバム『CK IT'S A JAM〜BEST HIT UTA〜』をリリース。2018年に入ってからも3月にはライブ&ドキュメンタリー作品「JIMOTO×JIMOTO」をリリースし、8月にリリースした16枚目のシングル「ドラマ」が、デビュー10年にして初のドラマ主題歌を獲得。波瑠主演のドラマ「サバイバル・ウェディング」の主題歌に起用されたことで、さらに広い層へと彼らの歌声が広がっていったことは確実だ。

「C&K『JIMOTO×JIMOTO』」より

そして2014年から毎年「無謀な挑戦状」と銘打ち各地で大型ワンマンライブを行ってきたC&Kは、2018年11月20日、結成の地・横浜での記念ライブ「超無謀な挑戦状〜10周年だョ!全員集合 〜 in 横浜アリーナ」を成功させた。この模様は、BSスカパー!で2019年1月に放送されることが決定している。また、昨年互いの地元の自治体を巻き込んで行った2つの凱旋ライブ(8月26日、CLIEVYの地元・栃木県小山市で行われた野外フリーワンマンライブ/10月14日、KEENの地元・鹿児島県鹿屋市での野外ワンマンライブ)の模様が「C&K『JIMOTO×JIMOTO』」として同じくBSスカパー!で12月7日に放送される。彼らの良さは、何と言っても歌声。それぞれが高い歌唱力を誇っているが、その二つの声が融合されると唯一無二のハーモニーが生み出される。"地元"で披露される実力派デュオの本質を、しっかりと確かめてもらいたい。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

C&K 10周年記念ワンマンライブ 超無謀な挑戦状〜10周年だョ!全員集合〜 in 横浜アリーナ
放送日時:2019年1月放送予定


C&K「JIMOTO×JIMOTO」
放送日時:2018年12月7日(金)23:00~


チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事