「おかえりヒッキー。」宇多田ヒカルが12年ぶりの全国ツアーで見せてくれたもの

ライブ終盤、感謝の気持ちを言葉にしながら涙ぐむ宇多田ヒカル

 続く『First Love』『初恋』はハンドマイクをスタンドマイクに変えて。タイトルは同じだが、指し示すものはまるで異なる。
 初恋がのちに塗り替えられることなど、16歳の少女には知る由もなかった。己の著しい進化を雄弁に語る2曲を続けて届けてくれるなんて、彼女はとても気前がいい。
 本編の最後を飾ったのは最新アルバムから『Play A Love Song』。ライブだとますますゴスペルソングにしか聴こえない。そうだ、『光』と同様、日常を取り戻すために「食べる」だけでなく、笑って寝ることまで勧めてくる曲はこれだった。やや内省に傾いていた会場にも明るい手拍子が戻る。歌詞を口ずさむ人々の顔にはもう、緊張の陰はない。心と体の主客が逆転しそうになると、ベーシックな人の営みに立ち戻るようそっと促してくれる、宇多田ヒカルはそういうアーティストだ。

幕切れにふさわしい一曲で、旧友と再会したような安心感

 アンコールに応え、ステージに戻ってきた宇多田が紹介したバンドメンバーはジョディ・ミリナー(B)、アール・ハーヴィン(Dr)、ベン・パーカー(G)、ヴィンセント・タウレル(Piano・Key)、ヘンリー・バウアーズ=ブロードベント(Key・G・Percussion)。そしてストリングスは四家卯大ストリングス。彼らと彼女たちのタイトな演奏のおかげで集中力が切れることは一度もなかった。さあ、最後になにを聴かせてもらえるのだろう。
 果たして、アンコール1曲目は『俺の彼女』だった。前作『Fantôme』で異彩を放つ怪曲。なぜ「怪」か? それを言語化するのは評論家に任せよう。ライブで歌われる最新アルバム以外の曲には意味(≒メッセージ、または気分)があると聞いたことがある。『俺の彼女』で宇多田が伝えたかったことは? 心の水面に一滴だけ墨汁が垂らされた気分。
 2曲目は『Automatic』。会場は今日一番の歓声に包まれ、いまにも破裂しそうだ。リラックスした宇多田のムードに乗せられ、ファンも楽し気に体を揺らす。私のテンションも否応なしに上がるが、前曲のせいで0.01%の不安が消えない。いや、これは心が囚われた合図だろうか。
 正真正銘のラストは『Goodbye Happiness』。涼し気なイントロで熱気のこもった会場に一陣の風が抜きぬけた。無邪気なあの頃には戻れない。でも、それはそれでかまわない。それぞれの20年が宇多田にそっと肯定されたように感じた。
 ファンにとって宇多田ヒカルは旧友だ。互いに忙しく時間が作れなかった友は、目の前の椅子に深く座り「さ、今日は話を聞くよ。私の話も聞いて」と向き合うように歌ってくれた。宇多田はステージからお辞儀を繰り返し、約2時間半に渡るライブは彼女の柔らかい笑顔とともに幕を閉じた。バイバイ、ヒッキー。またね。1万4千人が彼女に手を振る。


 あれから何日経っても、宇多田ヒカルが頭から離れない。イヤフォンを耳に突っ込み彼女の歌を聴く。選曲する指先は、やがて『俺の彼女』をタップする。思い当たる節などないが、なにかを見透かされたような気がしてならない。
 3か月振りに投稿された宇多田のインスタグラムの写真は、メタリックシルバーに塗られた足の爪だった。「ツアーの個人的ハイライト」らしい。足先を見せる場面なんてなかったのに。私は彼女を少しだけ理解できた気になっていた自分を恥じた。
 彼女が本当に旧友だったら「考えすぎだよ」と笑うだろう。しかし、深読みを禁じ得ない多層的な厚みこそが、宇多田ヒカル作品の尽きぬ魅力なのかもしれない。
 終わったばかりなのに、私はもう彼女のライブが観たくてたまらない。

文=ジェーン・スー 撮影=岸田哲平

<"Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018" セットリスト>
※12月9日(日)公演セットリスト
M1 あなた
M2 道
M3 traveling
M4 COLORS
M5 Prisoner Of Love
M6 Kiss & Cry
M7 SAKURAドロップス
M8 光
M9 ともだち
M10 Too Proud
M11 誓い
M12 真夏の通り雨
M13 花束を君に
M14 Forevermore
M15 First Love
M16 初恋
M17 Play A Love Song
EN1 俺の彼女
EN2 Automatic
EN3 Goodbye Happiness

この記事の画像

出演情報

<放送情報>

宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」
放送日時:2019年1月27日(日)21:00~
チャンネル:BSスカパー!


M-ON! LIVE 宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」
放送日時:2019年3月10日(日)20:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)


※放送スケジュールは変更になる場合がございます。


<リリース情報>

22ndシングル「Face My Fears」
2019年1月18日(金)発売
通常盤(初回仕様) 1400円

宇多田ヒカルの放送情報は
スカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!