ボイメン吉原雅斗水野勝田村侑久のキュートな子供時代「木登りが大好き!」

――お仕事面で、共通の思い出というか印象的なものはありますか?

水野「最近で言ったらやっぱりナゴヤドーム公演ですね。目指すものの頂点にあったので」

田村「確かにね。楽しかったしね」

水野「地元でやれたっていうのもそうですし、ファンの方はもちろん、仕事がないときから支援してくれたような、地元の企業さんだとか、結成当初からお世話になっていた方々にも見てもらえたので」

田村「勝くんが言った通り、家族や友達、今までずっと応援してきてくれた人たちが『応援してきてよかった、ここまでよくがんばったね』って言ってくれたのがうれしかったですね。それが僕たちにできる恩返しだと思ってたので」

吉原「僕は名古屋生まれ名古屋育ちなので、物心ついたときからナゴヤドームはすごいところだっていう印象がありました。野球もやっていたので、ドラゴンズの試合もよく見に行っていましたし。だからこそ、その凄みっていうのも理解していたつもりだったんですけど、いざプレイヤーとして立つと全然違う景色が広がっていて、感銘を受けましたね。1回立つのも大変ですけど、立ち続けることがもっと難しく意味のあることだと思うので、あそこに立ち続けられるグループになりたいです」

――デビュー当時からの目標も達成し、ちょうど2020年で10周年ですが、今後はどういった活動をしていきたいですか?

水野「今年はツアーもやります。誠の新曲と全国ツアーも控えていたり、YanKee5のほうはそれぞれバラエティに出たりとかもしているので、さらに個々の認知度を上げていきたいなと。ただカッコよくて歌って踊れるだけだと他にもいろいろなグループがいるし、僕らが次の段階に行くターニングポイントが今回のアリーナツアーだと思っています。楽しみにしていてください!」

文=小林麻美 撮影=後藤利江


この記事の画像

関連情報

■CDリリース情報
シングル「頭の中のフィルム」 5月29日(水)
初回限定盤A(CD+DVD)、初回限定盤B(CD+32Pブックレット)、通常盤(CD Only)の3形態発売

BOYS AND MENの
スカパー!出演情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!