ヒゲダンことOfficial髭男dism が大ブレイクしている理由

Official髭男dism
Official髭男dism

2019年は「Pretender」「宿命」とヒットを飛ばし、来月9日にメジャー1stアルバム『Traveler』をリリース予定のOfficial髭男dism(通称ヒゲダン)。

10月26日から2020年2月にかけてホールツアー「Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers-」を行い、その翌月から初のアリーナツアー「Official髭男dism Tour 2020 -Arena Travelers-」も開催と、令和という新時代に突入してからというもの、さらに追い風が吹き、めきめきと頭角を現している。

ライブ会場には日本のバンドを好む若い世代やロックキッズはもちろん、カップルやファミリー、海外の音楽に精通している人からJ-POP好き、ファッションセンスに秀でた人々など、多数の人々が集う。なぜここまで彼らの音楽は、様々な人々を次々と魅了しているのだろうか? 理由は様々あれど、まず第一はもちろん楽曲だろう。

■ゴージャスなサウンドスケープとなんでもない日常

ヒゲダンの音楽はポップソングという大きな枠組みのなかでも、我々の素朴で少し生きづらさも感じている日常の彩度を上げてくれるような感覚になれる、ブラックミュージックを基盤としたゴージャスなサウンドスケープが特色だ。

歌詞の題材も恋人とのなんでもない時間のことや、仕事や学校での葛藤、夢を追うなかで生まれる気持ちなど、日々我々が感じてきているものが多い。そんな楽曲を再生すると、自分自身の日常までも華やぐ――それはスマートフォンのカメラで撮影した少し冴えない日常の写真を、アプリをワンタップすればムードのある写真に変えてくれる感覚に似ている。その瞬間、なんでもない自分の日常を好きになれる、肯定できるという、ポジティブなパワーをおのずと湧かせてくれるのだ。

■表現力を増した藤原聡のボーカル

表現力に関しても、藤原聡のボーカルはこの2、3年で格段に声量やしなやかさ、安定感に磨きがかかり、メロディや歌詞の世界をよりダイナミックに表現することに成功している。メンバー個々のスキルも非常に高いだけでなく、「この4人で音を鳴らしているのが本当に楽しい」と言うように、その喜びが音の躍動感や心地よさを生むという煌びやかなピュアさもポイントだ。

そしてヒゲダンの旨味となっているのがバンドマンシップ的エモーション。スタジアムロックバンドを彷彿とさせる堂々たる存在感や心意気は、楽曲をより力強く響かせるだけでなく、非常に勇敢だ。それらすべてをハッピーなエンタテインメントに昇華する彼らは、不安が絶えない現代を生き抜く人たちに差し込む、一筋の希望とも言える。10月9日にはメジャー1stアルバム『Traveler』をリリースする彼らが、これからどんな景色を描いていくのか、今後も期待したい。

文=沖さやこ

この記事の画像

放送情報

Official髭男dism Video & Live Special
放送日時:2019年10月12日(土)20:00~
MTV LIVE: "HIGEDAN acoustic one-man live 2018 -Autumn-"
放送日時:2019年10月12日(土)21:30~
Official髭男dism VideoSelects 歌詞付きVer
放送日時:2019年10月26日(土)20:00~
MTV INSIDE: Official髭男dism -Traveler-
放送日時:2019年10月26日(土)21:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!