ヤバTことヤバイTシャツ屋さんが放つ「クセの強い魅力」

"ヤバT"の愛称で親しまれている"自称"メロコアバンド、ヤバイTシャツ屋さん。メンバーは、ギター&ボーカルのこやまたくや(宇治市観光大使)、ベース&ボーカルのしばたありぼぼ(たかつき観光大使)、ドラム&コーラスのもりもりもと(浜松親善大使「やらまいか大使」)の3人。バンド名からしてインパクトが強い。大阪芸術大学在学中にこやまを中心に結成されたバンドは、最初の頃は精力的な活動ではなかったが、2014年7月からはこの3人で徐々にライブの本数も増えていった。

夏フェス「SUMMER SONIC」に出演したり、2015年11月には関西最大級の音楽コンテスト「eo Music Try 2015」でグランプリを獲得するなど、バンド名と同じように強烈な個性を放ちつつもキャッチーさ溢れる楽曲とステージパフォーマンスで注目の存在となり、2016年にユニバーサルミュージックからメジャーデビューを果たした。

自主制作盤での活動時代からの代表曲「あつまれ!パーティーピーポー」やメジャー1stシングル「どうぶつえんツアー」に収録されている「ヤバみ」など、一度聴いたら忘れられないクセが強い(でも聴きやすい)楽曲を武器に、メジャー進出後もライブやイベントなど精力的に活動を続けている。2016年11月に『We love Tank-top』、2018年1月に『Galaxy of the Tank-top』、同年12月に『Tank-top Festival in JAPAN』と、"Tank-top"にこだわったタイトルのフルアルバムを次々とリリースし、2018年12月に公開された映画『ニセコイ』の主題歌に起用された「かわE」も話題となった。そして2020年9月発売の4枚目のフルアルバム「You need the Tank-top」ではオリコン週間ランキングで初の1位を獲得。

そのアルバムを引っ提げて、2020年10月3日から2021年3月20日まで全国ライブツアー「"You need the Tank-top" TOUR 2020-2021」を開催した。なんと東京公演は3月2日からZepp Tokyoで5デイズ。新型コロナウイルスの影響で、ライブ時間を短縮せざるを得ない状況ということで、各日2公演という通常のライブとは違うスタイルとなったが、その中でも"ヤバT"らしさが盛りだくさんなステージを見せてくれた。

(C)オイケカオリ

そんなZepp Tokyo 5デイズの3日目。第一部(夕方公演)、オープニングSEが流れる中、3人が登場し、こやまが「ヤバイTシャツ屋さんが始まるよ!」と呼びかけ、ライブがスタートする。「今回はお客さんは声出しNG!その場でジャンプOK!手拍子、拍手OK!周りを気にしながらその場でちょっとだけ踊るのOK!行けますでしょうか?元気出して行こうぜ!」とコロナ禍でのライブにおけるルールを提示し「あつまれ!パーティーピーポー」で一気に会場を熱くさせた。「せっかく来たんやから、楽しんで帰ろうぜ!」というこやまの言葉に応えるように、観客も歓声は封印しながらも、楽曲に合わせて踊ったり手拍子をして盛り上げる。コール&レスポンスが無いなど、いつものライブとは異なるが、いつものライブのようにメンバーと観客が楽しみながらライブが進んでいく。さらに、こやまの観光大使就任記念ということで京都が舞台の楽曲「どすえ 〜おこしやす京都〜」を披露したり、「ヤバイTシャツ屋さんの最新楽曲をお届けします!」と、桜井日奈子・神尾楓珠W主演のドラマ「マイルノビッチ」の主題歌「Bluetooth Love」も聴かせてくれた。「一刻も早く、この世界とライブハウスに日常が帰ってきますように!」というメッセージを投げかけ、最新アルバムのオープニング曲「Give me the Tank-top」や手拍子で一体感を作り上げた「ハッピーウェディング前ソング」などを演奏しおよそ45分の公演を走り切った。

第二部(夜公演)は、第一部でのラストソング「ハッピーウェディング前ソング」からスタートし、序盤からフルスロットル。夕方公演とはセットリストを大幅に変えて、同じ曲数でも違うストーリーでしっかりと楽しませてくれるのもヤバTらしいところだ。夜公演のMCではカメラが入っていることに触れ、4月3日に放送されることを告知。しばたがナレーター風に「あの感動をもう一度」と言うと、こやまが「ヤバイTシャツ屋さんのZepp Tokyo5デイズ、Day3の模様がテレ朝チャンネル1とスカパー!オンデマンドでもう一度見られる」と続ける。さらにしばたが「みんな、伝説の目撃者になれ!」と煽ると、こやまも負けじと「あなたたちは伝説の目撃者だ!」と軽妙なやり取りを披露。「ホンマの番宣で使ってもらおう(笑)」と、一連の小ボケフレーズをこやまは気に入った様子だ。

4月3日の放送は、3月5日の公演の模様に加えて、ライブ前後の舞台裏映像も見られる完全版となっている。キャッチーなメロディと共感度の高い歌詞、リアルな歌詞、遊び心満載な歌詞の組み合わせがヤバTの魅力。ライブでは3人の演奏とキャラが立っており、初見の人でも楽しめること間違いなし。第二部の最後に演奏した「かわE」の歌詞のように、ヤバTのライブは"たのC超えて たのD"、"E感じ超えてF感じ"なので、ぜひその"伝説のライブ"の目撃者になっていただきたい。

(C)オイケカオリ

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

「ヤバイTシャツ屋さん “You need the Tank-top” TOUR 2020-2021」完全版
放送日時:2021年4月3日(土)21:30~
チャンネル:テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!