手越祐也の活動の原動力から判明した超人たる所以「めっちゃ楽しんでいるので疲れないんです」

手越祐也
手越祐也

手越祐也がMCを務めるレギュラー音楽番組「スペプラ手越~Music Connect~」が7月17日(土)よりスタートする。

同番組は、6カ月連続で楽曲リリースする手越が、同世代のロックバンドやシンガーたちと音楽トークやセッションを繰り広げるレギュラー番組。初回は、ゲストのキュウソネコカミ・ヤマサキセイヤとのトーク、セッションの他、新曲「シナモン」を披露する。毎月第3土曜にスペースシャワーTVプラスにて放送。

今回、初回収録を終えた手越にインタビューを行い、番組に懸ける思いや収録の感想、音楽に対する思いなどについて語ってもらった。

――ご自身の音楽レギュラー番組が始まりますが、今のお気持ちは?

「素直にうれしいですね!音楽畑でずっとやってこられたアーティストの方を招いてトークして、セッションしてっていう番組をやるというのは、ここ10年くらい『やりたい、やりたい』って言ってたくらい夢だったので。今日1回目の収録をしましたけど本当に理想通りで、また改めて自分が音楽を見つめ直して、いろんな勉強をしながら楽しみながらやれて、すごく楽しいです」

――初回はキュウソネコカミ・ヤマサキセイヤさんがゲストでしたが?

「収録をすっごく楽しみにしてたんですよ!キュウソネコカミの音源を聴いたりライブ映像をいっぱい観て、『すっげえ良い曲がいっぱいあるな。ライブ行きてえな』って思うくらいで。知れば知るほど『こんな素敵な楽曲があったんだ!なんでもっと早く聴いてなかったんだろう』って思うくらいすばらしいバンドで、しかも同じ年というところで、たわいもないトークから音楽にまつわる濃いトークまで、たくさんお話しすることができました。また、セッションもめちゃくちゃ気持ちよくて。『こういう番組やりたかったー!』って改めて思いました(笑)」

――ゲストとのセッションも見どころだと思いますが、セッションする上で心掛けていることは?

「まずは原曲をリスペクトすること。たくさん原曲聴いてコード進行とリフの好きな部分を見つけて、楽曲を好きになって、アーティストさんを好きになる。そして2つ目は、プロのアーティストとしてやっている以上、物まねになってしまっては何の意味もないので、『もし自分に、この楽曲を歌ってくれと作詞・作曲家の人が持って来てくれたとしたら、こういう歌い方をするよな』っていうのを自分なりに考えて歌う。あとは、本番でご本人がどう歌ってくるか分からないから、真横で表情や発声の仕方を見て、それに合わせて被せたり、ぶつかってみたり、溶け込んでみたりする、という感じですね」

――夢が叶った番組をどんな番組にしていきたいですか?

「僕だからこそ引き出せるゲストの方の魅力って絶対あると思っていて、僕が普段インタビューを受ける立場をずっと経験してきたからこそ"どういうふうに聞いたらいい"とか"どんな間で話したらいい"というのが自分なりに感覚としてあるので、ゲストの方のいつもと違う一面を引き出してゲストのファンの方にも喜んでいただけるようなトークやセッションにしたいですね。また、今まで僕のことに全く興味がなかった人に知ってもらいたいという思いもあるので、『ゲストの方の魅力』『僕×ゲストの方の魅力』『僕のアピール』全てがWinになるような、そして観てくださる方が楽しめるような番組になればと思っています」

この記事の画像

放送情報

スペプラ手越~Music Connect~
放送日時:2021年7月17日(土)22:00~
チャンネル:100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!