OCTPATHのメンバーが自ら楽曲パフォーマンスをプロデュース!その制作過程を見届けられるドキュメンタリー「PLAY-OCTPATH vol.2◇ WOW!iSM」

オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の元練習生8名、冬馬、海帆、栗田航平、古瀬直輝、太田駿静、高橋わたる、小堀柊、四谷真佑によるボーイズグループOCTPATH。彼らのオリジナルパフォーマンスとその軌跡に迫るスペシャルドキュメンタリー番組「PLAY-OCTPATH vol.2 ◇WOW!iSM」が10月10日(月・祝)にテレビ初独占放送される。

(C)尾崎篤志

この番組は、今年2月に放送された「PLAY-OCTPATH◇WOW!iSM-SPEC!AL」に続く第2弾。6月にリリースした2ndシングル「Perfect」に収録されている楽曲のスタジオパフォーマンス用の映像を2つのチームに分かれ、自らがプロデュースして制作していくというもの。アイデア出しの段階から最終的なパフォーマンスまでの過程が詳細にわかるため、ファンのみならず、音楽ファン必見の番組となった。

まずはチーム分け。前回は小堀チームと四谷チームで制作を行ったが、今回は立候補した太田と海帆の2人がリーダーとなり、"太田チーム"と"海帆チーム"が誕生。それぞれのチームのメンバーの決め方は、リーダーが同時に"欲しいメンバー"の名前を呼ぶという方式で行われた。まずは1人目、「せーの!」で2人が呼んだのは、どちらも"小堀柊"だった。太田は「曲に対する洞察力があって、発想力や想像力が的確」というのを理由に挙げ、海帆も「的確にアイデアを出してくれる。今回のクリエイティブに不可欠」と主張。ジャンケンの結果、小堀は太田チームに加わった。ジャンケンに負けた海帆は古瀬を指名。「「雨」の振付をしてくれていて、すごくクリエイティブ」と、やはりクリエイティビティを重視して選んだ様子。

(C)尾崎篤志

2人目は、冬馬が活動休止中のため今回は不参加となっているので、栗田、高橋、四谷の中から選択。太田は「栗田」、海帆は「高橋」の名前を呼び、かぶらなかったので2人はそのままチームに合流。1人残ってしまった四谷は、6人との間に見えない線を引いて「ここの溝は深いよ」とちょっとスネてみせた。四谷はリーダーのジャンケンではなく、本人が入りたいチームを選べることになり、太田チームと合流した。

2つのチームが行うのは、4面LEDディスプレイが備わったスタジオ「BLACKBOX³ powered by NTT DOCOMO」でのライブパフォーマンスで使う"映像制作"。今回は2ndシングル「Perfect」に収録されている表題曲、カップリング曲の「Wild」「雨」の合計3曲が課題曲となっている。パフォーマンスを発表するのは「雨」「Wild」「Perfect」の順番。楽曲それぞれが"梅雨""梅雨明け前""梅雨明け"で、シングル全体のコンセプトが"梅雨明け宣言"となっている。その曲のテーマを生かすかどうかもチーム次第。

この記事の画像

放送情報

『PLAY-OCTPATH』スペシャル
PLAY-OCTPATH◇WOW!iSM-SPEC!AL-
放送日時:2022年10月10日(月・祝)22:00~

PLAY-OCTPATH vol.2◇WOW!iSM
放送日時:2022年10月10日(月・祝)23:00~

チャンネル: WOWOWプラス

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事