歌い手・天月-あまつき- が初の単独アリーナツアーで語った想い「俺、やっぱりライブが好きだよ!音楽が好きだよ!」

YouTubeオフィシャルチャンネルの登録者数192万人の歌い手・天月-あまつき-が今年8月に行った初の単独アリーナツアー「Amatsuki One-man Live 2022〜Departure〜」が12月17日(土)にファミリー劇場にてテレビ初放送される。ファミリー劇場では、アリーナツアーの模様を神戸公演、横浜公演と共にステージ裏の映像も追加した特別版で放送する。

初の単独アリーナツアーを行った天月
初の単独アリーナツアーを行った天月

「Amatsuki One-man Live 2022~Departure~」ⒸAmatsuki

開演時間となり、ステージの大型ビジョンに映像が映し出される。「2021年、星巡りの旅から帰ってきた僕たちは、新たな旅に出かけることになった。その旅はこれまでの旅とはまるで違って、たくさんの困難が待ち受けていた。でも僕には最高の仲間たちがいたから困難を乗り越えることができた。そして、僕たちはようやくこの場所に辿り着くことができたんだ。ここは僕たちがずっと目標にしていた場所」という天月のナレーションが流れ、ライブがスタートした。

オープニング曲は「タイムカプセル」。諦めずに前に進んでいく気持ちを歌った曲は、この大舞台の船出にぴったり。"会いに来たぜ、アリーナ!"とファンに呼びかけ、「イデア」などで勢いを加速させていく。

「Amatsuki One-man Live 2022~Departure~」ⒸAmatsuki

このライブでは、天月が"船長"となって、クルー(乗組員)たちと一緒に航海していくというコンセプトになっており、合間にダンサーが扮するクルーとの寸劇的なものも挟まれている。3曲を歌い終わったところで、声が出せないファンのために、ペンライトや手拍子を使った盛り上がり方をレクチャーするなど、ライブを楽しんでもらうための工夫も見られた。その流れで、クルーたちと一緒の軽快なダンスも見どころの「かいしんのいちげき!」、ターンやジャンプも盛りだくさんの「無責任せんせーしょん」で会場を明るい雰囲気にしていく。

「みんなを盛り上げる準備は全力でできてますんで、お腹いっぱいになるまで楽しんでいってください!」と呼びかけた後、ビジョンに映像が映し出された。その映像には天月が先輩と思われる乗組員と話をしている。ファーストツアーの時のこと、北海道で遅刻しそうになったことなど、いろんな思い出、出来事をしみじみと振り返っていく。そして、「これからはお前がみんなのことを助けるんだ」と諭され、「じゃあ、行ってこい。全力でみんなを楽しませこい!」と背中を押され、「わかりました。行ってきます!」と元気よく返事をした。

「Amatsuki One-man Live 2022~Departure~」ⒸAmatsuki

ピアノの美しいイントロから始まるMrs. GREEN APPLEの「青と夏」、じっくりと聴かせるナブナの「夜明けと蛍」を披露。

再び、幕間の寸劇。クルーから「甲板で誰かと話してませんでしたか? 一人で話しているように見えましたけど」と言われ、天月は「幽霊と話をしていたの」と、先輩クルーは幽霊だったことを明かした。

この記事の全ての画像を見る

放送情報

Amatsuki One-man Live 2022~Departure~ 先行特別版
放送日時:2022年12月17日(土)22:05~
チャンネル:ファミリー劇場
Amatsuki One-man Live 2022~Departure~
放送日時:2022年12月25日(日)23:15~
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

関連人物