涙の貴公子と呼ばれた「天国の階段」から20年、クォン・サンウが多くの共感と支持を集めた「情けないけど憎めない」リアルなおじさん像

「危機のX(原題)」 (衛星劇場)
「危機のX(原題)」 (衛星劇場)

日本に第一次韓流ブームが巻き起こった2000年代、アジア中で空前のヒットを記録した伝説のドラマ「天国の階段」(2003年)でトップスターへと上り詰めたクォン・サンウ。その人気ぶりは凄まじく、"涙の貴公子"として不動の地位を確立した当時の熱狂を記憶しているファンも多いことだろう。

近年でも、「推理の女王」といったラブコメディシリーズや、ハードなアクションが話題を呼んだ映画「鬼手<キシュ>」、「ヒットマン エージェント:ジュン」などで主演を務め、新たな魅力を創出。今年8月で47歳を迎える今も"イケおじ"な魅力を放ちながら、トップ俳優として第一線で活躍し続けている。

クォン・サンウが振り切ったコメディ演技でリアルなおじさん像を体現!「危機のX(原題)」
クォン・サンウが振り切ったコメディ演技でリアルなおじさん像を体現!「危機のX(原題)」

(C)Content Wavve Corp.

そんなサンウが約2年ぶりにドラマ復帰し、"情けないけど憎めないリアルなおじさん像"を見事に体現した話題のコメディドラマが「危機のX(原題)」だ。

サンウの近年の代表作として知られる映画「探偵なふたり」シリーズのキム・ジョンフン監督と再びタッグを組み、相棒役のソン・ドンイルとも共演を果たした本作は、韓国のエッセイ「おじだから痛い(原題)」が原作。WAVVEオリジナルドラマとして配信されると、WAVVEオリジナルコンテンツ全体で首位を獲得、さらには新規加入誘導作ドラマ部門2位を記録するなど、改めてジョンフン監督との相性の良さと、頭抜けたコメディセンスを証明してみせた。

この記事の全ての画像を見る

放送情報

危機のX(原題)
放送日時:2023年5月24日(水)23:00~
※毎週(水)23:00~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物