クォン・サンウの見惚れるような肉体美!凄まじい役作りで「復讐に取りつかれた男」の闇を体現

「鬼手<キシュ>」
「鬼手<キシュ>」

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

日本に第1次韓流ブームが吹き荒れた2000年代、「天国の階段」(2003年)や「悲しき恋歌」(2005年)といった大ヒットドラマに立て続けに出演し、絶大な人気を誇ったクォン・サンウ。8月5日に46歳を迎えた今も、逆賊という悪役にも初挑戦した『パイレーツ:失われた王家の秘宝』(2022年)や、そのキム・ジョンフン監督と再びタッグを組んだ新作「危機のX」が控えるなど、幅広い活躍を見せている。

ブレイク当時、"涙の貴公子"と呼ばれた切ないロマンス演技や、近年のアタリ役である『探偵なふたり』シリーズで見せるコミカルな表情が印象深いサンウ。しかし、彼の出発点は、高校での覇権争いをド派手なアクション満載で描いた映画デビュー作『火山高』(2001年)に代表される元祖"モムチャン(鍛え上げられた体)"俳優ということを忘れてはいけない。

クォン・サンウの驚きの肉体美「鬼手<キシュ>」
クォン・サンウの驚きの肉体美「鬼手<キシュ>」

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

40代となった今でも、鍛え上げられた肉体は健在。その衰え知らずのモムチャン俳優ぶりを見せつけているのが、9月9日(金)にKBS Worldにて放送される『鬼手<キシュ>』(2019年)だ。この作品は、囲碁という頭脳的競技を題材にしながらも、まるでカンフー映画と見紛うようなプロットにより、鬼気迫るアクションシーンが満載のユニークな"囲碁アクション"となっている。

「鬼手<キシュ>」
「鬼手<キシュ>」

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

「鬼手<キシュ>」
「鬼手<キシュ>」

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

サンウが演じるのは、人生を復讐に捧げた孤高の棋士・グィス。幼い頃、父が自ら命を絶ち、母にも捨てられた上に最愛の姉まで失い、天涯孤独の身となった彼は、山寺での血の滲むような修行によって類まれな囲碁の才能を開花させる。やがて山を下りたグィスは、姉を死に追いやった冷酷な最強棋士への復讐を果たすべく、裏社会のスゴ腕棋士たちと凄まじい死闘を繰り広げていく。

この記事の全ての画像を見る

放送情報

鬼手<キシュ>
放送日時:2022年9月9日(金)23:00~
チャンネル:KBS World
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物