"涙の貴公子"と呼ばれた韓流スター、クォン・サンウの今

2000年代の初めに日本で社会現象を巻き起こした「冬ソナ」ブーム。その直後にあたる2004年から2005年にかけて日本で放送されたドラマ「天国の階段」は、幼なじみの男女が困難に立ち向かい愛を貫くラブストーリーで、近年でも度々再放送される大ヒット作となった。

ヒロインはチェ・ジウ、相手役にはクォン・サンウ。劇中、2人の頬に美しく流れる涙はこの作品の代名詞となり、サンウには"涙の貴公子"という愛称まで付いた。早いものであれから約15年――当時、爆発的な人気を誇っていたサンウの今に迫りたい。

「知ってるお兄さん #203」

(C)JTBC co.,Ltd all rights reserved

■元祖モムチャン!2000年代初頭から存在感を発揮し続けるサンウ

サンウが一躍注目を浴びるようになったのは、チャン・ヒョクと共演した痛快学園アクション「火山高」(2001年)がきっかけだった。CGとワイヤーアクションを多用し、少年漫画のように校内の覇権争いを描く同作で、鍛え上げられた肉体を持つサンウの存在感は抜群。元祖"モムチャン(=鍛え上げられた美しい体)"として知られるようになった。

その後、韓国でも最高視聴率45.3%を記録した「天国の階段」で一時代を築いていった。サンウが再び脚光を浴びることになったのは2017年のドラマ「推理の女王」。サンウは熱血エリート刑事に扮し、マイペースな主婦ユ・ロソク(チェ・ガンヒ)と衝突しながらも難事件に挑む。まるで火と油のようなふたりの掛け合いは好評を博し、シーズン2が制作されるまでの人気を見せた。

「知ってるお兄さん #203」

(C)JTBC co.,Ltd all rights reserved

■"良き父"になった今でも鍛え上げられた肉体は健在!

プライベートでは2008年に女優のソン・テヨンと結婚。2009年に長男、2015年に長女を授かり、2児のパパとなったサンウ。妻のInstagramにも度々仲睦まじく登場しており、良き夫、良き父として知られている。2016年には工場とビルを買収して改修し、昨年5月に2階を自身の所属事務所とする、最新式セルフ洗車場をオープン。なんと実業家としても才能を発揮している。

そんな順風満帆なサンウがDATVで4月5日(日)に放送されるバラエティ番組「知ってるお兄さん」に登場する。43歳となった今でも衰えを知らない鍛え上げられた肉体を持つサンウは、SUPER JUNIORのヒチョルやカン・ホドンらの前でアクションを示範。ヌンチャクや逆立ち歩きなどでも現場を沸かせてくれる。

ヒチョル(SUPER JUNIOR)らがレギュラー出演する「知ってるお兄さん」

(C)JTBC co.,Ltd all rights reserved

今年韓国で公開された映画『ヒットマン(原題)』でもアクションを披露し、俳優としてデビュー当時からの変わらない魅力を見せ続けてくれるサンウ。バラエティでの和やかなサンウの素顔からもその魅力は感じ取れるに違いない。 

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

知ってるお兄さん #203 ※クォン・サンウ出演回
放送日時:2020年4月5日(日)21:00~
チャンネル:DATV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!