大人気バラエティ番組『シングル男のハッピーライフ』には俳優イ・シオンの魅力がたっぷり!|Kカル!

若き名バイプレーヤー イ・シオンの、魅力三要素とは?

味のあるルックスと安定感のある演技で存在感を放つ"若き名バイプレーヤー"イ・シオンさん。今や、多くの作品に出演するシオンさんですが、成功に至るまでの道のりは、苦難の連続でした。24歳(数え年)で俳優を目指して、故郷の釜山から単身上京すると、コシウォン(2、3畳の部屋でシャワー・トイレ共同の施設)や半地下部屋(床が地盤面下にある階)に住み、アルバイト生活をしながら、俳優になるという夢を育くみました。俳優デビューしたのは、2009年。26歳のとき。随分遅咲きです。しかし、そこからは、まさに順風満帆。『応答せよ1997』(2012)でプチブレイクすると、『W-君と僕の世界-』(2016)で勢いに乗り、2017年には、なんと5本ものドラマに出演する人気者に。今年も、話題作『アビス』や映画『自転車王 オム・ボクドン』など、出演作が続いています。

シオンさんを一躍人気者にしたのが、独身の男性芸能人の一人暮らしの様子を映し出すバラエティ番組『シングル男のハッピーライフ』です。コメンテーターとしてレギュラー出演する彼は、同じくレギュラーのギアン84さん、サブレギュラーのヘンリーさん(元SUPERJUNIOR-M)、俳優のソンフンさんとともに「愛しいおバカ4兄弟」と呼ばれ、お茶の間に愛されています。1番年上のシオンさんのニックネームは、"オルチャン(美男美女)"もとい、オルジャン。オルはおバカ、ジャンは"長"。すなわち、"おバカな長男"です。
シオンさんを筆頭とした「おバカ4兄弟」を一言で表現すると"小学生の男子"。例えば、シオンさんの新居お披露目パーティーの時。ギアン84さんは、ヘンリーさんとソンフンさんと一緒に、シオンさんの引越祝いにトイレットペーパーで"等身大イ・シオンロボット"を作ることを思いつきます。3人で、100ロールを軽く超えるトイレットペーパーを巨大なロボットの形に組み立て、シオンさんの家まで連れて(!)いくのですが......。そこはおバカ兄弟。全てにおいて、計画性は一切なし!小学生並みの発想と完成度、運び方で笑いを誘います。
一方、彼らを迎え入れるシオンさんも、新居で1人、めちゃくちゃ高そうなカニを何匹も入れてスープを作って吹きこぼしてパニクるわ(加えて、味も全くしないという不思議)、突如、『シングル~』の出演者の会員証を作ると意気込み工作をはじめるわ......。思いつきから始まる全ての出来事が「笑い」に変身(笑)。それも、無意識にやってのけるからびっくりです。
他にもMC陣と様々なことに挑戦したり、随所で"いとしのおバカっぷり"を発揮しています。特に、MAMAMOOのファサさんのモノマネを全力でした回は、個人的にイ・シオンさんの神回だと思っています。

(C)MBC

シオンさんの魅力は、情に厚く、とても優しいところにもあります。シオンさんの引越の様子を映した回にも、その一端を垣間見られるシーンがありました。それまで住んでいた家を出て行く瞬間。「売れないころから住んできたのに、成功して捨てるみたいで、なんだか申し訳ない」と忍び泣きをするのです。なんていいやつなんだ! 

そんなおバカで優しいシオンさんですから、もちろん友達もいっぱい。芸能界の「人脈王」と呼ばれているそうです。友達には、ナムグン・ミンさん、キム・ナムギルさん、FTISLANDのホンギさん、RAINさん......と、豪華メンバーがずらりと並びます。そして、誰もが、口さえ開けば、シオンさんをイジりまくるのです! 例えば、RAINさんとごはんを食べに行けば、「なんでお前と顔を合わせてごはんを食べなきゃいけないんだよ。家には、(あの)キム・テヒがいるのに!」(キム・テヒさんは、「韓国一の天然美女」と名高い女優さんで、RAINさんの奥さん)と言われてしまったり、ホンギさんに日本のファンミーティングで歌う曲をレッスンしてもらえば、「失敗したら、僕の名前は出さないでよ!」と言われてしまったり。番組の合間に時折登場するシオンさんと友達との絡み(だいたい、シオンさんがいじられて、タジタジしているパターン)も番組の見どころの1つです。

シオンさんの一人暮らしにフィーチャーする回はそこまで多くありませんが、ゲストやMC陣と繰り広げるトークにも、シオンさんの魅力三要素、「いい人っぷり」、「おバカっぷり」、「人脈王っぷり」が垣間見られます。『シングル男のハッピーライフ』を観て、俳優シオンだけでなく、"人間シオン"の魅力も、ぜひ知ってくださいね。

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。
2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!
お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。
その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。
「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

(C)MBC


「シングル男のハッピーライフ」

ワケありシングルスターの私生活に迫ったバラエティ番組。毎回、話題の俳優や人気アーティストなど豪華ゲストを迎え、自宅の公開だけでなく休日の過ごし方にも密着する。普段テレビやステージ上で活躍するクールな芸能人の素顔や、意外な一面は必見。コメンテーターを務める俳優イ・シオンがレギュラーメンバーやゲストたちと繰り広げる、ちょっとおバカでチャーミングなやり取りも見どころの一つ。
9月5日(木)の記念すべき300回目となる放送では、ゲストにユンホ(東方神起)、ヘリ(Girl's Day)、イ・ヨニ、パク・ジュンヒョンらが登場!記念特集として運動会を開催し、レギュラーメンバーとゲストたちがドッジボールやリレー、リンボーで熱戦を繰り広げる。
もちろん情熱100%のユンホは、音楽なし・朝一の原っぱで自慢のダンスを披露!レギュラーメンバーの用意したおやつに和気あいあい、ダンスにゲーム、競技にと大ハッスルの爆笑回は必見!


出演:パク・ナレ、ギアン84、ソンフン、イ・シオン、ヘンリーほか


放送情報:再放送 毎週(木)10:15~
アンコール放送 毎週(水)前7:00~
ピックアップ放送 毎週(土)前4:00~

チャンネル:KNTV



チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

この記事をシェアする

関連記事