ジェームズ・スペイダーは初めから知っていた!「ブラックリスト」レッドの正体

全米で昨年10月より放送開始されたばかりの最新作「ブラックリスト シーズン7」が、4月よりスーパー!ドラマTVで独占日本初放送となる。死んだと思われていたエリザベスの⺟親・カタリーナ・ロストヴァが現われ、レッドを拉致。カタリーナの目的、そしてレッドがエリザベスに隠し通してきた秘密など、さまざまな真相が明らかになっていくシーズン7の放送を前に、主人公のレイモンド・"レッド"・レディントンを演じるジェームズ・スペイダーが見どころを語った。

──衝撃的な終わり方を迎えたシーズン6ですが、シーズン7ではカタリーナ・ロストヴァが重要な役どころになると思います。シーズン7では、彼女との関係は明らかにされていくのでしょうか?

「はい。彼女はシーズン7で非常に重要な役を担います。それに、彼女の存在が本作に与える影響は、非常に深いものがあります。他の登場人物たちに、非常に大きな影響がありますからね。シーズン7ではたくさんのことが知らされますが、それにより新たな疑問も出てくると思います」

(C) 2014-2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

──シーズン7でのレッドは、これまでで最も困難な状況にあると思います。カタリーナ・ロストヴァは彼を追い詰めようとしているのでしょうか?

「彼は人生で本当に長い間を危険な状態で過ごしてきて、もはやそれが彼の生き方になってしまったと思います。ただ言っておかなければならないのは、エリザベスは彼にとても好意的に接しているように見えるかもしれませんが、彼はカタリーナとエリザベスの両方と問題を抱えており、向き合っていかなければならないと思います」

──本シリーズの結末はご存知なのでしょうか?脚本家の創作プロセスに非常に深く関わっていらっしゃるようですが、どのような結末を迎えてほしいと思っていますか?

「はい。このシリーズがどのように終わりを迎えるのか、その大枠の展開を知っていますよ。ここしばらくは、脚本家たちと毎週その話をしています。作品で『今』起きていることの話をする時は、それがやがてやって来るエンディングに向けてどんな影響を及ぼすのか、先のことも常に考えるようにしています。全体像はありながらも、エンディングにたどり着くまでの細かな点については、常に議論を重ねているところですね」

(C) 2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

──レッドとは本当は誰なのか、その正体が本作の大きなテーマになっていますが、最初にこの役を引き受けた時、その正体がどんな発展をしていくのか知っていたのでしょうか?それとも視聴者と同様に、番組が展開する中で分かってきたのでしょうか?視聴者からすると、彼が本当は誰なのか、まだよく分かりませんが。

「レディントンが誰なのかについては、私は一番初めから知っていました。シリーズ全体を通して、その時々において彼が何者なのか、視聴者が理解できるように最新の注意を払っています。すぐ後にまた、実は別の人物なのではと思わせることもありますが、その時々で彼が何者なのか、理解してもらえるようにしてきました」

「ちょうど今は、彼の正体について疑問に思えるかもしれませんが、これまで7つのシーズンの中で、レッドの正体が登場人物たちの関心として前面に扱われた時期もあれば、まったくそのことが気にされなかったシーズンもありました。プレスに限らず、各国で会う視聴者からの質問を聞いていても、彼の正体や、彼が何者かといった質問は、その時々の物語の進み具合で出てくる時と出てこない時があります。そして最初のシーズン1の頃には、皆さんが非常に気にしていたトピックでした」

この記事の画像

放送情報

ブラックリスト シーズン7
放送日時:2020年4月28日(火)22:00~(二カ国語版)、4月29日(水)0:00~(字幕版)
※毎週(火)22:00~(二カ国語版)、(水)0:00~(字幕版)
チャンネル:スーパー!ドラマTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

「ブラックリスト」のスカパー!関連番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!