『新西遊記』で開花したソン・ミンホのバラエティ力に注目!|Kカル!

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ステージではゴリゴリ系ラッパー、でも素顔は愛しき間抜けキャラ! ソン・ミンホの魅力に迫る。

アンダーグランドで培ったアグレッシブなラップを武器に、2014年にWINNERの一員としてデビューしたミンホさん。韓国の本格派ラッパーが集まったヒップホップサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY シーズン4』で準優勝したりと、アイドル界の実力派ラッパーとして一目置かれる存在です。しかし、男らしくタフなパフォーマンスとはうらはらに、素顔はかなりのおちゃらけキャラ。ライブでもトークタイムになると、がらりとキャラ変!不思議なジェスチャーで笑わせたり、天然発言で驚かせたりと盛り上げます。

デビュー当時、WINNERのインタビューをさせてもらったことがありました。まだ、今のような"陽気なお兄ちゃん"っぷりを隠していた(ミンホさんが、というよりも、事務所によるイメージ管理だと思います)ため、そのルックスやパフォーマンスの印象から「近づきがたいな」「ちょっと怖いな」と思っていた私は、ドキドキしながら取材に向かいました。しかし、実際に会ってみたミンホさんは、私の先入観とは正反対。とても礼儀正しく、チャーミングで、なによりとてもピュアな方でした。当時流行っていた"ひょっこりはん"のギャグを教えると、真面目な顔で(それも小声で)「ひょっこり」「ひょっこり」と自主練習(笑)インタビューが終わると、「楽しいインタビューでした」と自ら握手を求めてくれました。撮影の合間には、机の上のお菓子をモチーフに芸術的な"落書き"まで。「上手ですね」と褒めると、少年のような無垢な笑顔を見せてくれたのが印象的でした。

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

そんなミンホさんのナイスな素顔が楽しめるのがバラエティシリーズ『新西遊記』です。これは芸能人たちが様々なクイズやゲームに挑戦しながら7つの"ドラゴンボール"獲得を目指す番組。ミンホさんはシーズン3から合流しています。番組内での存在感がぐっと増したのが、シーズン4。ぐるぐると15回回転したあと、紙に書かれた『ほしいもの』の欄に拇印をするというゲームで、驚異の三半規管の強さを見せ、ランボルギーニを獲得!"黄金の指を持つ男"ソンカラク(ソン・ミンホと、指(ソンカラク)をかけたもの)というニックネームをゲットしました。(その後プロデューサーがミンホさんに土下座をし、ランボルギーニ獲得はなかったことに)

シーズン5でミンホさんの"高校時代からの大親友"であるP.O(Block B)さんが同番組に合流すると、さらにおもしろさが加速。シーズン6で、外の音が全く聞こえない状態で口の動きだけでお題を当てる『ヘッドフォンガンガンゲーム』に二人で挑んだ回は、シーズン6の1、2を争う名場面です。P.Oさんが出題者、ミンホさんが回答者として挑戦したのですが、これがまあおもしろいほどに通じない!次第にイライラしていくP.Oさんと、P.Oさんの難解な口の動きにテンパり状態のミンホさん...。二人の繰り広げるカオスな時間に、共演者もスタッフも、お茶の間も笑い崩れました。

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

他にも、韓国人なら誰でもわかることわざを知らなかったり、世界的名曲『ツァラトゥストラはかく語りき』を『ツァラトゥストラは僕の友達』と答えたり、予測不可能な回答で爆笑を誘うのは日常茶飯事。ミンホさんは『新西遊記』でバラエティという新境地を開いたのです。しかし、当の本人は、アーティストとしての自分が見せたい姿とのギャップに葛藤もあったとか。バラエティ色が強くなりすぎて、アーティスト・ミンホとしての説得力がなくなっているのではないか...。そんな彼の悩みを解消してくれたのが、『新西遊記』のレギュラーであり、アイドル第一世代Sechs Kiesのメンバーであるウン・ジウォンさんでした。自身もラッパーとして活躍する彼は、「バラエティ番組に出ているミンホと、アーティスト・ミンホは別ものだと割り切ればいい」とアドバイスをしてくれたそう。そのおかげでミンホさんは、アーティストとしての自分も、バラエティタレントとしての自分も愛せるようになったそうです。

『新西遊記』シーズン7では、葛藤を乗り越え、ますますおもしろくなったミンホさんの姿が楽しめます。"個人的な名誉"のためだけに(誰も頼んでいない)極寒の中冷たいプールに飛び込んだり、常識問題にへんてこな回答をしたりと、珍言動もパワーアップ。ますますミンホ沼にはまっていってしまいそうです。

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「新西遊記 7」

【番組概要】
毎シーズン韓国で高視聴率をたたき出している「新西遊記」シリーズの最新作!今回は舞台を韓国に移し、“龍の玉”を獲得するため奮闘する!メンバーは、毎回最高のチームワークで笑いを生み出しているキュヒョン(SUPER JUNIOR)、MINO(WINNER)、P.O(Block B)、ウン・ジウォン(ジェクスキス)、カン・ホドン、イ・スグンの6名。各メンバー様々なキャラクターに扮装し、制作陣が用意したゲームやミッションに挑戦!果たして彼らは“龍の玉”を獲得し、願いを叶えることができるのか!?


出演:キュヒョン(SUPER JUNIOR), MINO (WINNER), P.O(Block B),
ウン・ジウォン(ジェクスキス), カン・ホドン, イ・スグン
放送情報:毎週(月)23:30~深1:00 他
チャンネル名:Mnet

チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!