シムクン♥韓流|今月は"人懐っこい好青年でありU-KISSのダンスマシーン"イ・ジュニョン(U-KISSジュン)さん登場『付岩洞<プアムドン>の復讐者たち』

イ・ジュニョンさん登場!「付岩洞<プアムドン>の復讐者たち」の見どころなどお聞きしました!

-『付岩洞〈プアムドン〉の復讐者たち』で、俳優デビュー。オーディションでスギョム役をゲットしたそうですね。

PV撮影で演技の楽しさを知って、ずっと独学で演技を練習していたんです。人気ドラマの台本を入手して、自宅の鏡の前で演技してみたり、自分たちの曲に合わせて表情を研究したり。これまで様々なドラマのオーディションに挑戦したのですが、なかなか受からなくて。今回が12回目か13回目か......。もう覚えていないくらい。だから、今回合格した直後は、嬉しくて「やったぁ!」とガッツポーズが出ました。5分もしないうちに『これは大変なことになったぞ。どうしよう......』と不安が襲ってきましたが。

-スギョムは慶尚道(キョンサンド)からソウルに上京してきたという設定。慶尚道(キョンサンド)の方言は難しくありませんでしたか?

僕はソウル出身なのですが、中学の頃の仲間に3人ほど慶尚道(キョンサンド)出身の子がいたんです。そいつらと遊ぶ時には、ふざけて僕も慶尚道(キョンサンド)の方言を使っていました。それが活きましたね。役が決まってから、イントネーションに慣れようと、毎日30分、電話で友達と方言で話しました。

-私にはとても自然に聞こえましたが、慶尚道(キョンサンド)のお友達は、ジュニョンさんの方言をなんと言っていましたか?

まだまだだなって言われました。知ってるわ!って(笑)

-スギョムはどんな男の子ですか?

高校生なのにめちゃくちゃ大人っぽい! 自分が辛いときにも辛さを人には見せないようにする点は僕と似ていると思います。僕も辛い時、ひとりで抱えこむタイプなので。

-誰かに頼りたくなったりしませんか?

メンバーたちも家族も、人にあんまり辛いところを見せないんです。だから僕も、キスミー(U-KISSファンの総称)やメンバーたちに迷惑をかけないように、ひとりで頑張ろうと。それに僕が誰かに相談をしたら、その人は自分の悩みと2つの辛さを抱えることになるでしょう?それが嫌なんです。

-いじめを許さない正義感のあるところにも好感が持てました。ジュニョンさんも正義感のあるタイプですか?

はい!(即答)僕は正義の男です! 昔、妹が小学生の時、クラスメイトに叩かれたことがあって。それを知って、友達を何人も引き連れて小学校に乗り込み謝らせたことがあります。

-妹思いのお兄さんですね。ヒロインとスギョムは復讐とラーメンによって距離を縮めていきます。ジュニョンさんと家族を繋ぐ味とは?

刺身かな。家族みんな大好物です。あとは、LAカルビ(※編集注:骨付きカルビ)ですね。母がタレから手作りするのですが、すっごく美味しいんです! カルビの日は、テンションが上がります。

-共演者にはイ・ヨウォンさん、ラ・ミランさん、ミョン・セビンさんとベテラン女優がずらり。緊張しませんでしたか?

僕は、普段年上のメンバーと行動しているのでお兄さんの扱いは得意なのですが、年上の女性はどう接すればいいかわからなくて。それに皆さんオーラがハンパない! おでこに『大女優』って書いてありました(笑)これ、大げさじゃないですよ。

-撮影現場ではとても可愛がられたと聞いていますよ。

自分のやるべき事に一生懸命取り組む姿を可愛いと思ってくれたようです。撮影現場では、先輩方から「どこに住んでるの?」「何が好きなの?」と声をかけてくださいました。今では皆さん、本当のおねえさんのような存在です。

-現場では、みなさんの事をなんと読んでいましたか?

「ヌナ(お姉さん)って呼んでいいよ」とおっしゃってくださったのですが、恐れ多くてずっと「ソンベ(先輩)」と呼んでいました。撮影も終盤になってやっと「ヌナ」って呼べるようになりました。

-今も連絡を取り合っていますか?

はい。今日もミラン姉さんが連絡をくれましたよ。セビン姉さんもよく連絡をくれます。「今日何してる?」って。「仕事です」というと、「終わったら連絡して。ご飯食べよう」って言ってくれます。もう......めちゃくちゃ嬉しいです。(いたずらっぽい顔で)いいもの食べられるし(笑)綺麗な方と美味しい食べ物......。本当に幸せな時間です。

-今回、俳優として一歩を踏み出しました。今後も俳優業をやっていきたいですか?

もちろんです。アクション作品をやってみたいです。今回もアクションシーンの9割は僕が実際に演技をしたんですよ。もともとサッカー選手になりたかったくらい運動は得意なので、ハードなアクションにも挑戦したいです。

-恋愛ものはいかがですか?

(大きな声で)やりたいです! 今回、監督さんに「君の目はメロドラマ向きだ」って言われたので、うまくできると思います。

-キスシーンもありますよ?

あはは。大丈夫。あくまで演技。本気じゃないでしょう? 僕が成長するために必要な挑戦だと思っています。キスミーの皆さんも理解してくれる......はず。いや、きっと理解してくれます!(笑)

実は、ジュニョンさんとはデビュー以来のお付き合い。「今日は"俳優イ・ジュニョン"さんとしての取材ですね」というと、「いやいやいや~」とオーバーリアクションで手を左右に振って照れまくっていました。そんな豪快な笑顔にシムクンした取材でした。

※この記事はヨムミル!ONLINEの転載になります。

取材・文:酒井美絵子

simkung_interviewer.png

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。


「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「popstyle(ポップスタイル)」紙面にて始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

「シムクン」とは、韓国語で「胸キュン」を意味する流行語です。
次世代の韓流スターの素顔に迫ったインタビューと写真、プレゼント企画など「シムクン」な内容盛りだくさんです。「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」は、毎週第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。

http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

当サイトでは「シムクン♥韓流powered by スカパー!」と連動し、記事内では伝え切れなかったエピソードなどを読むことができます。ぜひ、「シムクン♥韓流powered by スカパー!」とあわせてお楽しみください。

シムクン韓流コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

付岩洞<プアムドン>の復讐者たち


「一緒に復讐しませんか?」
境遇の違う3人の女が集うのは復讐のための社交クラブ。優雅なティータイムで企てる彼女たちの作戦とは!?
誰も観たことのない、癒しと感動の<復讐>ドラマ!


<番組概要>
「一緒に復讐しませんか?」 財閥の令嬢、大学教授の妻そして、鮮魚店の女主。本来なら出会うはずのなかった3人の女たちが集うのは復讐のための社交クラブ。優雅なティータイムで企てる彼女たちの作戦とは!?
誰も観たことのない、癒しと感動の<復讐>ドラマ!


<ストーリー>
政略結婚で冷めきった夫婦仲ではあるものの、子供ができないことを悩んでいるジョンヘ(イ・ヨウォン)。彼女のそんな気持ちを気にもかけない夫は、ある日突然、高校3年生の息子スギョム(イ・ジュニョン)を連れてくる。ジョンヘは身勝手な夫にも、突然現れたスギョムにも明らかな嫌悪を示す。そんな中ジョンヘは、夫に暴力をふられたミスク(ミョン・セビン)と、息子の同級生の母親から理不尽な扱いを受けるドヒ(ラ・ミラン)を見かけ、お互いに復讐の手助けをし合う”復讐クラブ”を作ろうと持ちかける。出会ったばかり人間に突拍子もない提案をするジョンヘに、ミスクもドヒも驚くが、残酷なことはしないとの条件で3人はクラブを結成する。結成祝いに、ドヒの家で飲み始める3人。ジョンヘが酔いつぶれ、ドヒがミスクを送りに出たところに、ドヒの息子の友人でもあるスギョムがやってきて、酔っ払ったジョンヘが夫に復讐しようとしているのを聞いてしまう。ある日、突然スギョムはジョンヘに、”復讐クラブ”に入れてほしいと言い出す。


出演:イ・ヨウォン、ラ・ミラン、ミョン・セビン、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)

脚本:キム・イジ、ファン・ダウン

演出:クォン・ソクチャン、キム・サンホ、イ・サンヨプ

放送情報:2018年3月14日(水)スタート!(全12話) ノーカット字幕版
毎週月~水曜日 午後1時30分から
再放送:同日午後9時30分から

チャンネル:女性チャンネル♪LaLa TV


※放送スケジュールは変更になる場合がございます。



チャンネル・料金情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事