耽美な「陳情令」の世界観...シャオ・ジャンワン・イーボーの麗しすぎるブロマンス

「陳情令」
「陳情令」

映画化もされた大ヒットドラマ「2gether」に代表されるタイBLを筆頭に、韓国や台湾、フィリピンと、アジア中に吹き荒れているBLドラマブーム。そんな流れを受けて、2年前の作品でありながら今改めて注目が集まっているのが、アジアドラマチックTVで8月31日(火)より放送される中国ファンタジー時代劇「陳情令」(2019年)だ。

主演のシャオ・ジャンとワン・イーボーが演じる強い絆で結ばれた青年2人の麗しすぎるブロマンスで、7月に日本で地上波初放送されると、Twitterのトレンド入りを果たすほどの話題になった。

麗しいブロマンスが話題に!「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

中国のWEB小説「魔道祖師」を原作にした本作は、シャオ・ジャン扮する魏無羨(ウェイ・ウーシエン)が、断崖から身を投げそのまま消息を断つという衝撃な場面から始まる。その16年後、呪術によって蘇った魏無羨は、ワン・イーボー演じる無口で戒律を重んじる藍忘機(ラン・ワンジー)と再会し、過去から現在に続く陰謀を解き明かしていく。

どこまでも自由奔放で無邪気な笑顔を見せる魏無羨と、名門・藍氏の優秀な次男で戒律を重んじる藍忘機。まるで太陽と月のように真逆の性質を持つ2人は、いかにして出会い、絆を深めていったのか?そして、藍氏の禁地へ偶然にも足を踏み入れ、藍氏が代々守ってきた秘密を知った彼らが、どのような苦楽を共にしていくのか?そうした過去も振り返りながら、その尊い関係性を浮かび上がらせていく。

「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

ファンタジー時代劇でありながら、陰謀渦巻くミステリーでもあり、かつ同性愛描写に対して規制の多い中国でドラマ化するにあたり、原作のBL要素をブロマンスとして絶妙に表現した本作は、中国で社会現象化するほどの大ヒットを記録。動画再生回数はなんと95億回を超え、「2019年WEBドラマ再生回数No.1」などさまざまな賞を総なめするに至った。

「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

また、中国古装劇ならではの耽美な世界観も目を見張るものがあり、小道具や衣装、舞台などそのどれもがため息が出るほど美しいことも見どころの1つ。アイドル出身で主演のシャオ・ジャンとワン・イーボーの端麗な容姿もまたその世界観にすっぽりとハマっており、ブロマンスをより美しいものへと昇華させている。

「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

死んだはずの魏無羨を探し回っていた藍忘機が、16年後に再会を果たした後には、どんなに人々に咎められようとも彼の味方であろうとする姿や、自分とその家族、愛する人以外に触れさせてはいけない藍忘機の抹額に魏無羨の身代わりが触れることを許すなど、行動の端々に滲み出るお互いの想いが胸をキュンとさせてくれる。

エンディングには2人が甘い声でデュエットする主題歌「忘羨(ワンシェン)」が流れ、1話ごとに物語の余韻に浸れる点も味わい深い。まさに美に美を重ねたような作品なのだ。

「陳情令」

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

「GANK YOUR HEART-キミと、世界の果てまで-」

(C)Hunan Mgtv.com Interactive Entertainment Media Co., Ltd.

主演2人は本作をきっかけに大ブレイク。ワン・イーボーはeスポーツ界を舞台にした現代劇「GANK YOUR HEART-キミと、世界の果てまで-」(2019年)の主演も務めており、シャオ・ジャンも「慶余年」(2019年)や「狼殿下」(2020年)など話題作への出演が続いている。この機会に、アジアBLとはまた趣きの異なる、麗しい華流ブロマンスを心ゆくまで味わってみてほしい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

中国ドラマ「陳情令」スペシャル編
放送日時:2021年8月12日(木)2:30~
GANK YOUR HEART-キミと、世界の果てまで-
放送日時:2021年8月17日(火)2:30~
※毎週(火)~(木)2:30~
陳情令
放送日時:2021年8月31日(月)5:00~
※毎週(月)~(金)5:00~

チャンネル:アジアドラマチックTV (アジドラ)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!