相次ぐ年の差ロマンスに大反響!チャン・ギヨンが2役で演じ分ける「切ない恋心」

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

29歳の誕生日を迎えた昨年8月に入隊したチャン・ギヨン。入隊直前まで撮影し、韓国で先日最終回を迎えたばかりの最新ドラマ「今、別れの途中です」では、約2年半ぶりにドラマ復帰した人気女優ソン・ヘギョと年の差ロマンスを演じ、大いに反響を呼んだ。

同作でギヨンが演じるのは、独身生活を謳歌するフランス在住のファッションフォトグラファーのジェグク。187cmというスタイルの良さとほれぼれするルックス、落ち着いた低音ボイスが魅力のギヨンだけに、自信たっぷりのジェグクを佇まいは、実年齢11歳差のヘギョともまったく年の差を感じさせない。息ピッタリの"カップルケミ"で、その魅力を最大限に発揮している。

チャン・ギヨンの一人二役が話題を呼んだ「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
チャン・ギヨンの一人二役が話題を呼んだ「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

近年はこうした大人の魅力を漂わせたロマンス作品で人気を集めるギヨン。そんな彼が、「オクニョ 運命の女(ひと)」(2016年)や「不滅の恋人」(2019年)で知られる"時代劇クイーン"チン・セヨンと共演したドラマ「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」(2020年)では、切ないロマンスを繰り広げ、真逆とも言える2役を巧みに演じ分けた存在感が高く評価された。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

本作は、前世(1980年代)と現世(2020年代)を舞台に、3人の男女の絡み合う"運命の愛"を描いたミステリアスなラブストーリー。ギヨンとセヨン、イ・スヒョクの3人がそれぞれ前世と現世に生きる2役のキャラクターを演じ分ける同作で、ギヨンは孤独な日雇い労働者・ジチョル(前世)と、エリート医大生・ジョンボム(現世)の2役に挑んだ。

セヨンが扮する、心臓病を患う儚げな女性・ハウン(前世)に思いを寄せるジチョルと、大学で講師として勤める骨考古学者のサビン(現世)に惹かれていくジョンボム。2人はまったく境遇が違うが、愛を知らずに生きてきたという点では共通している。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

80年代に生きるジチョルは、殺人犯の父親を持ち、虐待を受けながら育った人物。どうしようもない孤独を抱える日々の中で、教会で出会ったハウンに好意を抱く彼は、遠くからそっと彼女を見つめるだけで幸福そうな笑顔を見せる。一方、現世では、名門の医科大学に通うジョンボムが、講師のサビンに対して、抗いようもなく惹かれていく...。それらはどちらも切実で真っすぐで、この出会いがジチョル/ジョンボムの価値観を大きく変えたことを物語る。

撮影後のインタビューでは、「ボーンアゲイン」に出演を決めた理由について「一つのドラマで2役を演じられるという点に最も惹かれました」と話していたギヨン。その言葉通り、2つの役を深く理解し、2通りの切ないロマンスを繰り広げる姿に心打たれる。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

また本作のもう一つの見どころと言えるのが、恋敵となるイ・スヒョクとの共演だ。前世ではハウンの婚約者である刑事のヒョンビン役、現世では少年犯罪を監視する検事のスヒョク役を演じ、どちらもギヨン扮するジチョル/ジョンボムの存在を危険視するキャラクターを演じた。

モデルとしても広く活躍してきたスヒョクは、モデル出身のギヨンにとっては芸能活動を志したきっかけという憧れの人物。「いつも夢見て、頭の中で一緒に仕事ができたらいいなと思い描いてきた」と、インタビューでも明かしていたほど尊敬する先輩なのだ。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

ともに長身であるギヨンとスヒョクの2ショットはまさに眼福の一言だし、2人が1人の女性をはさんで火花を散らすドラマティックな展開も、同作の大きな魅力。だが、ギヨンがスヒョクとの共演を夢見てきたという背景を知ってから見る2人の共演シーンは、また格別だ。敵対しながらも、さながら光と影のように重なり合う彼らの関係性に、"胸熱"を感じてしまうこと間違いなしだ。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

また、2019年のドラマ「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」では、約13歳年上のイム・スジョンの相手役をチャーミングに演じて注目を集めたギヨン。キャリア女子・タミ(スジョン)に対して、「ほかの男もキープしてるの?」「俺の外見は何位?」と、グイグイ強気にアプローチする姿が、女性視聴者の心をがっちり掴んだのも記憶に新しい。

「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」
「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」

(C)KBS

兵役期間中の今年8月には、30歳を迎えるチャン・ギヨン。除隊後、新たな作品でさらに大人の魅力を増した姿を見せてくれるであろう、その"近い未来"にも興味は尽きない。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

ボーンアゲイン~運命のトライアングル~
放送日時:2022年1月26日(水)23:20~
※毎週(水)(木) 23:20~
チャンネル:KBS World
※放送スケジュールは変更になる場合があります

チャン・ギヨンのスカパー!出演情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!