「それでも僕らは走り続ける」のロマンスが注目されたカン・テオ、恋に不器用なエリート役がなぜハマる?

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」(2019年)や「それでも僕らは走り続ける」(2020年)といった大ヒットドラマに出演し、近年その存在感を高めているカン・テオ。メインボーカリストのソ・ガンジュンを中心に、俳優業を基盤とした5人組アイドルグループ・5urprise(サプライズ)のメンバーとしても知られてきたが、俳優としてのキャリアも上昇中だ。

そんな上り調子のテオが主演を果たし、ハイスペックな広告マンを演じた最新作「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」(2021年)がKBS Worldにて3月23日(水)に放送される。

カン・テオが愛すべきエリートに扮した「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
カン・テオが愛すべきエリートに扮した「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

2013年、5urpriseのメンバーとしてソ・ガンジュン、コンミョン、イ・テファン、ユイルらと共に、「放課後サプライズ~ハチャメチャ大作戦」(2013年)で俳優デビューを飾ったテオ。以来、俳優として着実にキャリアを積み重ね、「あなたはひどいです」(2017年)では視力を失った青年を演じて高評価を獲得。同年のMBC演技大賞男性優秀賞にもノミネートされるなど、演技力に磨きがかかり注目度が高まってきたのもこの時期だ。

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

そして2019年、チャン・ドンユンが"女装男子"のノクドゥに扮した時代劇「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」(2019年)以降、大きく飛躍を遂げることに。同作で優しい笑顔の裏に本心を隠し持つ貴公子ユルムを演じたテオは、ノクドゥの恋のライバルとして登場。しかし、後半では野心に満ちた"本性"をさらけ出し、ノクドゥの存在を脅かすほどの強烈なインパクトを残した。

その後は、イム・シワン主演の「それでも僕らは走り続ける」(2020年)、ソ・イングク主演の「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」(2021年)と、スター俳優が主演を務めるヒット作に立て続けに出演。特に、「それでも僕らは走り続ける」では純粋な美大生・ヨンファに扮し、少女時代のスヨン演じる年上女性・ダナと繰り広げたロマンスは話題に。美しいヌナ(お姉さん)であるダナとヨンファの可愛らしいカップルぶりは"ダンファカップル"と呼ばれ、ファンの心を掴んだ。

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

そうしたキャリアを経て主演を務めた最新作が「デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」だ。KBSドラマスペシャル2021の単発ドラマとして放送された本作では、愛されたい女性と愛に不器用な男性の恋愛模様がコミカルに描かれている。

中学校の養護教諭・ジン(シン・イェウン)と広告制作会社を経営するミンジェ(テオ)はすでに3年付き合ったカップル。ある日、ミンジェがふざけて繰り出した"デコピン"をきっかけに、「自分がちゃんと愛されていない」と悟ったジンは別れを決意。一方のミンジェは、突然の別れ話に驚き、葛藤する...というストーリーだ。

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

誰もがうらやむエリートキャラは、男らしい体躯と端正なルックスを持つテオの真骨頂。だがその一方で、ミンジェには女性の心を理解しない鈍感さも。ジンにデコピンをお見舞いするシーンでは、バチン!という音が高らかに響き、こちらまでヒヤリとするほど。それでも笑っているミンジェを見ていると、なるほどこれでは別れを切り出されても仕方がない、と妙に納得してしまう。そして、別れ話をきっかけに葛藤し、自分を見つめ直すミンジェの姿に、なぜか嫌いにはなりきれないジンの胸中ともシンクロした複雑な感情を抱かせる。

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」
「ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)」

(C)KBS

KBSの公式YouTubeで公開されたメイキング動画では、「仕事は成功していても、愛に関しては少し不器用な人物。ジンから突然別れを切り出され、葛藤を経験し、成長していきます」と、自らが演じたミンジェという人物像を語っていたテオ。そして、「現実的な感情が描かれていて、誰もが共感できる、そんな恋愛ストーリーです」と、ドラマの本質的な魅力についても分析していた。そんなテオがリアルに体現した"恋に不器用な愛すべきエリート"ぶりをじっくりと堪能したい。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

ドラマスペシャル~デコピン一発が別れに及ぼす影響(原題)
放送日時:2022年3月23日(水)23:20~
チャンネル:KBS World
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事