楠木ともりがサマーライブに込めた思い「明日からがんばろうと思えるキッカケに」

2018年12月に初単独ライブを行った声優・楠木ともりが、第2弾となる「楠木ともり サマーライブ2019『シンキロウノチカガミ』」を、7月21日に大阪・YES THEATER、28日に神奈川・横浜ランドマークホールで行った。今回は大阪公演<夜公演>を中心に、自身が作詞作曲を手掛けたオリジナル曲と、カバー曲を織り交ぜたライブの模様を紹介する。

【関連記事】楠木ともりがバースデーライブで見せた今の自分と成長「19歳も、みんなの心にあかりを灯したい」

多くのファンで埋め尽くされたYES THEATERのステージに、開演とともに大きな拍手で迎えられた楠木が立つと、会場を一瞬の静寂が包みこむ。そして、流れたイントロに会場が湧き立った。彼女が1曲目に選んだのはアニメ&ゲームファンにはなじみ深いLiaの名曲「鳥の詩」。1コーラスではあったが、ピアノの音色とともに美しく、力強く歌い上げるその声を、会場中が聴き入った。続く2曲目、楠木自身が同じ事務所に所属する同期の子のために作詞作曲したというオリジナル曲「スケッチブック」では、グロッケンの演奏も披露。その詩と曲からは、2人の友情と絆を感じることができた。

会場に詰め掛けたファンにあいさつをして一息ついた後は、3曲連続で歌い上げた。1曲目はOfficial髭男dismの「LADY」、2曲目はUAの「情熱」をそれぞれカバー。「情熱」のラストには、楠木が鍵盤ハーモニカを吹いてメロディーを奏でる一幕もあり、ファンのボルテージはさらに上がる。そのテンションを一度落ち着けるように始まった3曲目は、楠木のオリジナル曲「クローバー」。3曲ともに大人びた雰囲気の楽曲となり、いつもより艶やかな魅力を垣間見ることができたパートとなった。

続く2曲もオリジナル曲を披露。リズミカルで不思議な魅力のテンポが特徴的な「ロマンロン」に、会場のファンもリズムを刻んで思い思いに楽しんでいた。「眺めの空」はサマーライブにふさわしい夏と空がテーマでありながら、爽やかさと切なさが同居した一曲。どこか哀愁が感じることができた。ライブが後半に差し掛かると、この時を待っていましたとばかりに楠木が新しいアコースティックギターを披露。そんなアコギを携えて臨む次の曲は、美波の「カワキヲアメク」。ぐちゃぐちゃな思いに耐え切れず叫ぶような歌詞を、圧倒的な熱量で歌い上げる楠木の姿に、ファンも圧倒されていた。

その後、楠木が「すごく今の自分に寄りそってくれるような歌詞」という、片平里菜のサマーソング「夏の夜」をしっとりとカバー。そしてファンにとっても思い入れの深い、楠木のTVアニメ初主演作「メルヘン・メドヘン」のEDテーマ、上田麗奈の「sleepland」を優しく歌い上げた。そしてまた雰囲気がガラっと変わり、ポップな曲調でイントロから盛り上がるaikoの「ストロー」を、ファン全員の手拍子とともに熱唱しラストスパートを掛けると、その熱さのまま阿部真央の「ふりぃ」へ。楠木のエレキギターを弾きながらの歌に、ファンもタオルや腕を回しながらボルテージを上げていった。

会場のテンションが最高潮へと達したところで、楠木が今回のライブタイトル「シンキロウノチカガミ」に込めた思いを明かした。「追い掛けても追い付けない、蜃気楼のような夢や目標という存在。それを追い掛ける皆さんにとって、今日のライブが明日からがんばろうと思えるキッカケになったらいいな」と。そしてラストを飾るのは、楠木が後輩と一緒に作り上げたオリジナル曲「アカトキ」。手拍子とラストサビのフレーズ「アップデートしていこうよ」を繰り返し合唱し、最後は会場が1つとなった。

ファンのアンコールを受けて楠木が再登場するまでの間、会場にはライブグッズのメイキングやライブリハーサルの映像が映し出された。鳴りやまぬ拍手の中、登場した楠木はバンドメンバーの紹介後、初単独ライブでもアンコールに披露した、ファンには既に楠木を代表するオリジナル曲になりつつある「僕の見る世界、君の見る世界」を熱唱。疾走感と爽快感にあふれるメロディーが会場を駆け抜けた。最後はバンドメンバーとのカーテンコールに、会場からは大きな拍手が送られライブは閉幕。声優・楠木ともりのマルチな才能と魅力を再認識し、アーティストとしての確かな成長を見ることができる最高の公演となった。

また、神奈川公演<昼公演>ではファンから名前を募集し、大阪公演でお披露目した新しいアコースティックギターの名前を「ルカ(Lucas)」に決めたことも発表した。フランス語のLucas(リュカ)に由来する名前で「光をもたらす人」という意味があるということで、「みんなの心にあかりを灯せる声優」を目指している楠木は「ピッタリ!」と笑顔。これからルカとともに、さらにたくさんの楽曲をファンに聴かせてくれることだろう。

文=リワークス(加藤雄斗)

この記事の画像

関連情報

<楠木ともりサマーライブ2019 『シンキロウノチカガミ』セットリスト>
■大阪・神奈川<昼公演>
M1 鳥の詩/Lia
M2 スケッチブック/楠木ともり
M3 泡になった/BONNIE PINK
M4 眺めの空/楠木ともり
M5 クローバー/楠木ともり
M6 ロマンロン/楠木ともり
M7 カワキヲアメク/美波
M8 sleepland/上田麗奈
M9 カブトムシ/aiko
M10 異端なスター/Official髭男dism
M11 ふりぃ/阿部真央
M12 アカトキ/楠木ともり
EN 僕の見る世界、君の見る世界/楠木ともり

■大阪・神奈川<夜公演>
M1 鳥の詩/Lia
M2 スケッチブック/楠木ともり
M3 LADY/Official髭男dism
M4 情熱/UA
M5 クローバー/楠木ともり
M6 ロマンロン/楠木ともり
M7 眺めの空/楠木ともり
M8 カワキヲアメク/美波
M9 夏の夜/片平里菜
M10 sleepland/上田麗奈
M11 ストロー/aiko
M12 ふりぃ/阿部真央
M13 アカトキ/楠木ともり
EN 僕の見る世界、君の見る世界/楠木ともり

<プロフィール>
■楠木ともり(くすのきともり)
12月22日生まれ。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。主な出演作は、アニメ『メルヘン・メドヘン』(鍵村葉月)、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(レン)、『アニマエール!』(舘島虎徹)、ゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS』(優木せつ菜)ほか。2019年10月放送アニメ『アサシンズプライド』にて、メインヒロイン・メリダ=アンジェル役を演じる。

楠木ともりオリジナルCD第2弾『■STROKE■』は、SMA公式グッズ通販サイト【ROCKET-EXPRESS】にて販売中。

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!