楠木ともりがバースデーライブで見せた今の自分と成長「19歳も、みんなの心にあかりを灯したい」

2017年にデビューし、人気急上昇中の若手声優・楠木ともりが、2018年12月16日にTOKYO FM HALLで初の単独イベント「Kusunoki Tomori birthday live『scene of light』」を開催。自身が作詞作曲を手掛けるオリジナル楽曲と、カバー曲を織り交ぜた1日限りのプレミアムライブには、多くのファンが来場した。開演とともに会場からの大きな拍手で迎えられた彼女が、力強い歌声を披露した夜公演の模様をレポートする。

静寂の中、シンバルのリズムを合図に披露した1曲目は「蜂と見世物」(さユり)。ドラムの音が鳴り響き、迫力の歌声が場内を包む。歌い終わると同時に会場のファンへ向けて「楽しんでいきましょう」と一言。今度は曲調をバラードに変え、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」(YEN TOWN BAND)をしっとりと歌い上げた。アニメではかわいいキャラクターに声をあてることが多いイメージから、今日のライブはポップな曲が多いのでは?という会場の雰囲気を、冒頭の2曲で一変させた。まさに、今日のイベントは"アーティスト・楠木ともり"のライブなのだと、会場中が認識した瞬間でもある。

次の曲へ行く前に、披露する曲を丁寧に説明した。まずは、同期のために書き上げたという「スケッチブック」、当日会場で販売された自身作詞・作曲のAcoustic CD「bottled-up」に収録された、夏の曲「眺めの空」のバンドアレンジVer.を紹介。さらに、客席に向かって「今日は何月ですか?」とコンタクトを取りながら、12月に合わせたクリスマスソング「CHAIN」(BONNIE PINK)や、自身の誕生月にかけた「birthday song」(さユり)を選曲したことを伝えた。

4曲を続けて歌い終わると「座り疲れましたか?」と会場へ問いかけ、「次の曲は立ってほしいな」とお願い。さらに「皆さん、声出せますか!」とあおり、「ニュートンの林檎」(ハルカトミユキ)、「浮舟」(Go!Go!7188)、「19歳の唄」(阿部真央)と、アップテンポな3曲を自らギターを弾きながら熱唱した。

その後、中学時代の思い出を振り返り、自分と向き合った大切な曲という「クローバー」をしっとりと歌い上げた。そして、今日会場に来てくれたファンへ感謝の言葉を伝え、そのままもう1曲「Last Kiss」(BONNIE PINK)を披露。最後の曲「いつかの手紙」(LiSA)の前には、会場全員で一緒に歌ってほしいことを告げ、ラストのメロディー部分をファンと大合唱した。

ファンたちからのアンコールを受けて再登場するまでの間、会場には彼女のこれまでの姿をまとめた映像が映し出された。そして最後に、画面に現れたのは「いつもありがとう」の文字。鳴りやまぬ拍手の中、登場した楠木はバンドメンバーの紹介後、アンコールの1曲目として、このライブのために作ったという「僕の見る世界、君の見る世界」を初披露。この日、歌ったどの曲より明るくポップな曲を力強く歌い上げた。

そしてラストとなる曲「眠れぬ森の君のため」(KANA-BOON)を歌う前には、「皆さん、今日はどうでしたか?」と会場に問いかけた。会場からは「最高!」の声と割れんばかりの拍手が鳴り響く。そして、本人の口からライブタイトルにも入っている「scene」という言葉に込めた思い、好きな曲を詰め込んだライブを通して自分のことを知ってほしかったこと、デビューからの一区切りとして成長を見てほしかったことなどが語られた。

その思いを乗せて再び自らギターを弾きながら最後の曲を歌い切ると、会場の大きな拍手に送られて退場。すると画面には「バースデーサプライズ」の文字が現れ、会場からは「ともり」コールが。それに応えるべく三度登場した楠木に、会場の「Happy Birthday to You」の合唱とともに、バースデーケーキがプレゼント。会場全員で少し早い19歳の誕生日を祝った。これに感動した楠木は「19歳も、みんなの心にあかりを灯せるように頑張っていきたい」と新たな1年への抱負と、マイクを使わずに自らの声でありったけの感謝の気持ちを伝え、拍手喝采の中ステージを後にした。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

<夜公演>セットリスト

M1 蜂と見世物/さユり
M2 Swallowtail Butterfly~あいのうた~/YEN TOWN BAND
M3 スケッチブック
M4 眺めの空
M5 CHAIN/BONNIE PINK
M6 birthday song/さユり
M7 ニュートンの林檎/ハルカトミユキ
M8 浮舟/Go!Go!7188
M9 19歳の唄/阿部真央
M10 クローバー
M11 Last Kiss/BONNIE PINK
M12 いつかの手紙/LiSA
EN1 僕の見る世界、君の見る世界
EN2 眠れぬ森の君のため/KANA-BOON

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事