「チェンソーマン」で楠木ともりが憧れのマキマを演じる!オーディション結果の発表は「マネージャーさんが花束を持っていて...」

現在「少年ジャンプ+」で第二部も連載されている人気コミックが原作のダークヒーロー・アクション「チェンソーマン」が、10月11日(火)よりTV放送中。今回、悪魔の心臓を持つもの「チェンソーマン」となった主人公・デンジが憧れる女性マキマ役を演じる声優・楠木ともりにインタビューを実施。楠木自身も大好きだというマキマを演じることになった心境などを聞いた。

アニメ「チェンソーマン」でマキマを演じる楠木ともり
アニメ「チェンソーマン」でマキマを演じる楠木ともり

――楠木さんと「チェンソーマン」との出会いをお聞かせください

「友達から『この漫画、面白いんだよ』と薦められてから読み始めました。でも、私は元々あまり漫画を多く読むタイプではなくて、自分が出演させて頂くアニメの原作ぐらいしか読む習慣がなかったので、『ハマるかな...』と思いながら読み始めたんですけど、まんまとハマってしまって(笑)。最初は結構ゆったり単行本で読んでいたんですけど、そこから凄い勢いでハマって、「少年ジャンプ+」のバックナンバーを全部買って、また最初から一気読みして、みたいな感じでした」

――楠木さんが感じるマキマの魅力を教えてください

「原作コミック第一部の最後まで読んだ上で、というのも、もちろんあるんですけど、最初からすごく好きなキャラクターでしたね。元々ミステリアスなキャラクターも好きですし、最初は主人公のデンジくん視点で読んでいったところもあったので。マキマさんって、欲しい時に欲しい言葉をくれたりとデンジくんに対してすごく優しくて、手が届きそうな優しさがあるんだけど、実際手を伸ばすと全然届かないみたいな...。作品の中でもすごく異質な雰囲気があったところに惹かれたんじゃないかなと思います」

――オーディションに受かった時はどんな気持ちでしたか?

「私が元々『マキマさんをやりたい!』『チェンソーマンのオーディションを受けたいです!』ってマネージャーさんにお話ししていて。オーディションに参加できるだけで幸せだったんです。なので、まさか自分がマキマに決まるとはまったく思っていなくて。そんな中で、ある日の深夜、家の近くにある公園にマネージャーさんに『ちょっと大事な話があるんで』と呼び出されて。まあ、いろんなことを想像するわけですよ(笑)。『私なにかやっちゃったかな...』と思いながら公園へ行ったら、マネージャーさんが、マキマさんをイメージしたような、落ち着いた赤が基調の花束を持っていて、『おめでとうございます!』と...。そんなの驚きますよね。今までで一番ドラマチックにオーディションの合格を伝えていただきました。私自身のマキマさんへの思い入れが強いっていうのを知ってくださっていたので、盛大にお祝いしてくれました」

放送情報

チェンソーマン
放送日時:2022年10月12日(水)21:30~
チャンネル:AT-X
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事