楠木ともりが2ndEPの聴きどころやMV撮影の裏話を語る!

2020年にソロアーティストデビューを果たした声優・楠木ともりが、2ndEP『Forced Shutdown』を4月28日にリリースした。本作にはインディーズ時代に制作した「sketchbook」「アカトキ」「バニラ」の3曲リアレンジに加え、新たに書き下ろした表題曲を含む全4曲が収録されている。その作詞・作曲全てを自ら手掛けた楠木に、こだわりの詰まった新曲やアーティスト活動について聞いた。

――前作『ハミダシモノ』は名刺代わりになる一枚にしたかったとお話しされていましたが、今作『Forced Shutdown』はどのような一枚を目指されましたか?

「何かEPのコンセプトを決めてから取り組んだわけではありませんでした。ただ、前作が自己紹介としての一枚であるなら、今回は表面的な意味合いよりももっと深い、深層的な部分で、私の人物像を知ってもらえるような一枚になったかと思います」

――「Forced Shutdown」は制作過程で新しい試みがあったと聞いています。

「表題曲はいつもと作り方を変えていて。普段は作ろうと書き始めてから数日かけて作っていくのですが、この曲に関しては生活の中で少しずつ書き留めていったものを形にしました。この作り方は初めてだったので、他の曲より時間を長くかけた分、いつもとは違った雰囲気の曲になったかなと」

――作詞作曲する上でこだわった部分はありますか?

「今回のEPの中では『バニラ』は、私の想いを色濃く反映し、細かく描写しています。自分の気持ちや経験からできている曲ではあるけど、あまり具体的に書き過ぎたり、自分が考えている意見をはっきりと伝えたりせずにぼやけさせて、想像できる幅を持たせるようにしました」

――Forced Shutdownの歌詞にある、歌っていない「 」のフレーズにはどんな意味を込めていますか?

「サビの歌詞にある「 」はもともと入れていたものを一度消して、スタッフさんと話し合う中で再度入れ直した経緯があるんです。この空白を見た人が自分だったらどんな言葉を入れるか、考えてもらえたらいいなと思うし、その言葉によって曲の意味が変わってくると思うので、想像の余白として入れました。ここに皆さんが何を入れるのか、私自身もすごく興味があります」

――歌う上でどんなことを意識されましたか?

「今回のEPは曲のジャンルが幅広いので、曲に対してのアプローチや歌い方を変えました。歌い方によってどう聴こえるか、どんな映像が浮かぶかを想像しながら、歌の繊細な質感を意識して歌いました」

――MV撮影時のエピソードはありますか?

「皆さんから特に印象的だと言っていただくのが、サビ直前にカメラを見る目です。MV全体を通してあまり顔を見せないように横を向いたり、髪で顔を隠して表情が分からないようにしているのですが、表情のインパクトが一瞬でもいいから欲しいなと。ほんの一瞬のことなんですけど、皆さんの印象に残ったのなら狙い通りかもしれません」

この記事の画像

リリース情報

2ndEP「Forced Shutdown」
発売日:2021年4月28日(水)
発売形態:
■初回生産限定盤A(CD+BD)
■初回生産限定盤B(CD+DVD)
■フォトブック盤(CD+フォトブック)
■通常盤(CD)

楠木ともりのスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!