佐倉綾音ら帝国華撃団・花組が華麗な歌声と演技で「新サクラ大戦」を彩る!

人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズの最新作が原作のアニメ「新サクラ大戦 the Animation」。 "太正時代"を舞台に、平時は大帝国劇場の舞台に立つ「歌劇団」、有事には霊力で稼働する戦闘機を主力に戦う「華撃団」として活躍する帝国華撃団・花組に所属する、天宮さくら、帝都・東京の平和を守るために戦う姿を描く。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

天宮さくらは、旧花組のスタァ・真宮寺さくらに憧れて花組に入隊。帝都を守る帝国華撃団・花組と、市民たちの心の支えである帝国歌劇団・花組の両方に強い思い入れがある。隊長・神山誠十郎が欧州へ赴任中に、隊長代理に任命されるほどの責任感とリーダーシップを兼ね備えており、そんなさくらを演じる佐倉綾音は、はつらつとした凛々しい声で表現。また、神山との会話の中で時折のぞかせる淡い恋心や、かわいいヤキモチなど、さくらの等身大の少女らしさを甘くキュートに演じる。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

帝都に代々続く東雲神社の看板娘で、巫女の東雲初穂を演じるのは内田真礼。さくらの親友でもある彼女の、下町で生まれ、祭りや地元のみんなが大好きという生粋の江戸っ子気質を、堂々としたおおらかな声で体現。普段はガサツだが、いざという時は頼りになる花組のまとめ役という初穂のキャラクター像を、豪快な演技でファンに印象づけている。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

望月流忍者という忍一族の子孫で幼くして、武芸、戦術、武器の取り扱いなどに天才的な才能を持つ少女・望月あざみを演じるのは山村響。抑揚のない低音ボイスで、彼女の物静かでミステリアスな雰囲気を構築。また、どんな会話にも忍の里に古く伝わる「108の掟」を盛り込んでくる、あざみの純粋なかわいらしさを屈託のない声色で表現する。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

数々の劇団を渡り歩いた後に、帝国華撃団に移籍してきたギリシャ出身のアナスタシア・パルマは、欧州の劇場で活躍していたスタァ。演じる福原綾香は、褐色の肌にグラマラスな長身、目元が涼しいクールな美貌の持ち主の彼女を、落ち着いた艶のある低い声で表現。作中劇『凍てつく魂』やレッスンシーンなどで披露する華やかな美声で、歌と演技共にトップクラスの技量を持つという彼女の設定に、圧倒的な説得力を与えている。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

知的で可憐な文学少女・クラリスこと、クラリッサ・スノーフレイクは、ルクセンブルク貴族のスノーフレイク家に伝わる本を使った魔術「重魔導」の継承者。大帝国劇場の資料室の蔵書全てを読み尽くすほどに、読書好きな彼女を演じているのは早見沙織。穏やかな口調の癒やし系ボイスで、育ちの良さや物腰の柔らかさを余すところなく表現している。

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

アニメは、平和な日々を取り戻した太正三十年(1941年)の帝都・東京が舞台。欧州での任務より一時帰国した帝国華撃団・花組隊長の神山誠十郎が連れ帰った、大事故で壊滅した莫斯科(モスクワ)華撃団の唯一の生存者という少女・クラーラと、花組隊員たちとの出会いから始まる。歌唱力抜群の声優陣が聴かせる華麗な歌声や、3DCGで描かれるダイナミックなアクションシーン、そして先の読めないアニメオリジナルのストーリーから目が離せない。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

新サクラ大戦 the Animation
放送日時:2020年5月15日(金)1:30~
※毎週(金)1:30~
チャンネル:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!