声優・江口拓也とともに解き明かす、海底に眠る歴史上の真実と謎!

2011年に「GOSICK -ゴシック-」の久城一弥役でTVアニメ初主演を果たし、その翌年には第6回声優アワードで新人男優賞を受賞した江口拓也。その後、数々のアニメやゲームなどで人気キャラクターを演じている。「アイドリッシュセブン」では、北欧の血を引く美貌の持ち主なのに、こじらせ気味のアニメ好きという六弥ナギを、片言混じりの独特な口調で演じて女性ファンを魅了。ほか、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」では独自のひねくれた思考回路を持つ比企谷八幡役、「あんさんぶるスターズ!」では過剰なパフォーマンスで周囲を置き去りにする日々樹渉役などを担当。クセの強いイケメンキャラを、江口は豊かな表現力で演じてきた。

最近ではYouTubeの「花江夏樹チャンネル」にたびたび登場。声優の花江、小野賢章らとともに「闇のゲーム」と称してカードゲームに挑戦する動画は、3人がイケメンボイスの応酬を繰り広げ、話題を集めている。また、「Trignal」や「ゆーたくII」のユニットなどで音楽活動も行ってきた江口は、4月21日(水)にはソロアーティストデビューも決定している。そんな江口がナレーションを務めるのが、ナショナル ジオグラフィックで2月20日(土)からスタートするドキュメンタリーシリーズ「仰天!海の底まる見え検証 3」だ。海底に眠る遺物を、最新技術を駆使して検証し、歴史上の新事実や謎の解明に挑む。

(C)National Geographic

第1回の「ビキニ環礁に沈む被爆艦」では、1940年代から1950年代にかけて実施された核実験の実態を調査する。個性豊かなキャラクターを演じて分けてきた江口は、本作のナレーションでは抑制の効いた低いトーンで、過去に行なわれた核実験の経緯などを解説。水中カメラによる探査の場面では、江口が静かな語り口で海底の光景を描写し、緊迫した現地の様子を臨場感とともに伝える。また、歴史的価値のある実際の核実験の映像も番組内で公開。ずっしりと胸に響くような江口の声が大きなキノコ雲を生む核爆発の映像に重なり、核が人類にもたらした影響の大きさを見る者に突き付ける。

第1回から第5回のナレーションを江口が担当。さらに、第6回から第10回を担当する同じく人気声優の安元洋貴のナレーションにも注目だ。毎回異なるテーマで、世界各地の水中遺物を検証していく本シリーズ。ひもとかれる歴史の新たな真実から目が離せない。

この記事の画像

放送情報

仰天!海の底まる見え検証 3
放送日時:2021年2月20日(土)20:00~ほか
※毎週(土)20:00~ほか
チャンネル:ナショナル ジオグラフィック
※放送スケジュールは変更になる場合があります

江口拓也のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!