ソロデビューの大西亜玖璃が明かす、歌の原点は母の前でのプチお披露目会?

「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の上原歩夢、「まえせつ!」の北風ふぶきを演じるなど、今注目の若手声優・大西亜玖璃がソロアーティストとしてデビュー。3月3日にリリースした1stシングル「本日は晴天なり」では、ソロとしては初めてのMV撮影にも挑戦。その時の撮影秘話やデビュー曲に込めた思いを聞いた。

――ソロデビューが決まった際の感想を教えてください。

「どうなるのかと、すごくワクワクでした。"虹ヶ咲"のメンバーもお祝いしてくれて、ご飯に連れて行ってくれたり、コスメや花束をくれたりと、みんな喜んでくれて!私自身はいろんなPVを見たりして勉強するようにしました。楠木ともりちゃんは作詞作曲ができるので『いつか曲を作ってあげるよ~』と言ってくれたので、やったーって思いました(笑)」

――デビュー曲「本日は晴天なり」にはどのような気持ちが込められていますか?

「『これが私です』と自己紹介ができて、応援したいと思ってもらえる歌になったらいいなと思いながら歌いました。キャラクターとしてではなく、自分を意識しながら歌っているので、もう一度自分を見つめ直すいい機会になったと思います」

――レコーディングの際に意識された点はありますか?

「キーが高い部分を高いと思って歌わないようにと、アドバイスをいただきました。あとは息継ぎのタイミングが少ないので、レコーディングの時は分けて歌わせていただいたんですけど、ライブで歌う時のためにも、もっともっと頑張らないといけないなと思いました」

――お気に入りのフレーズはありますか?

「Bメロの『映画のヒロインみたいに 特別になりたいんじゃない』は、自分らしい歌詞だなと思っています。私も少女漫画のヒロインのように特別になりたいわけではないけど、日々の中で小さな幸せを見つけて楽しんでいきたいと思っているので、そこがリンクしているなって。もう1つはサビの部分で、晴天だとワクワクするし、普段は緊張することが多いんですけど友達やファンの前だと素を出しやすいというか、嬉しさのあまりテンションが上がり過ぎて爆発しそうになってしまうので大目に見てほしいとか、自分らしさを感じるのでお気に入りです」

――ソロとして初めてのMV撮影はいかがでしたか?

「白いワンピースを着たサビのシーンが最初だったんですけど、そこは自分で見ても緊張しているなと思いました(笑)。でも、撮影している間にお花に囲まれて幸せな気持ちになりましたし、監督やスタッフの皆さんがすごく優しくて何でも褒めてくださったので、すぐに安心できて、リラックスして撮影することができました。鏡の前でいろいろな髪型をするシーンはアドリブだったんですけど、変になってもいいからと言われたので自由にやっています」

――特に印象に残っているシーンはありますか?

「やっぱりクッキーを作るシーンは大変だったんですけど、面白かったです。ここ1年くらい作っていなかったので、すごく久しぶりでした」

この記事の画像

リリース情報

デビューシングル「本日は晴天なり」
発売日:2021年3月3日(水)
【初回限定盤】CD+DVD 【通常盤】CD

大西亜玖璃のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!