ファイルーズあいが「セント・エルモス・ファイアー」で自身が演じた役へのこだわりを語る

80年代を代表する映画『セント・エルモス・ファイアー』。エミリオ・エステベス、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシー、デミ・ムーア、ジャド・ネルソン、アリー・シーディ、メア・ウィニングガムという当時の注目若手俳優が共演した青春群像劇は、日本でも大ヒットを記録した。この名作が、豪華声優陣によって新録され、蘇る。

この注目の新録版で、デミ・ムーアが演じる"ジュールズ"を演じるファイルーズあいに作品のことや、新録版に対する気持ちを語ってもらった。

映画「セント・エルモス・ファイアー」の新録に対しての思いを語ったファイル―ズあい
映画「セント・エルモス・ファイアー」の新録に対しての思いを語ったファイル―ズあい

――80年代の作品ですが、『セント・エルモス・ファイアー』についての感想を聞かせてください

「37年前の作品とは思えないくらい、現代人にもすごく刺さるものがあるなって思いました。こんなふうに性格とか好きなものが違っている7人が1つになって仲良くいられるというのに憧れますね」

――「ザ・シネマ新録版」のような、吹き替えを新録して過去の名作を蘇らせるというプロジェクトについて、どう思いますか?

「小さい頃から過去の名作をたくさん見てきました。すでに名作と言われている作品に関しては、当時の吹き替えキャストの方の印象が強いというか、イメージが固まっていることも多くて、それは、一視聴者としては楽しいことですけど、声優としては、特に私はまだまだキャリアも浅いので、そういった昔の名作に携わることはできないんだろうなっていう思いがありました。なので、今回のプロジェクトで携わることができて本当に嬉しいです」

――カービー役を新祐樹さん、ビリー役を武内駿輔さん、ケヴィン役を畠中祐さん、アレック役を石川界人さん、レズリー役を早見沙織さん、ウェンディ役を花澤香菜さん、そしてジュールズ役をファイルーズあいさんという、豪華な声優陣に名を連ねてメインキャストの1人に選ばれましたね

「はい。そうそうたる声優陣の皆さんの中に、私の名前を挙げてくださったことは本当に感謝しかないです。今回の新録キャストは、本国の俳優さんたちの当時の世代と同じくらいの声優を集めたとうかがいました。私はデビューが遅かったので、同世代の皆さんよりもずっと経験が浅いのですが、それでも私を信頼して"ジュールズ"という素晴らしい役を任せていただけたことは本当に光栄だなという気持ちでした。

――これまでに共演された方も多いのでは?

「そうですね。特に石川界人さんはデビュー作でご一緒させていただいていますし、本当にお世話になっています。でも、最近だとコロナ禍ということもあって、作品で共演させていただいたとしても、個々で収録することも多いですし、収録する時間が同じじゃなかったりするので、"共演している"という感覚がなかなか無くて。あとで完成した作品を観た時に、"共演できて光栄だな"と実感しますし、"次、また別の作品でご一緒できるように頑張ろう!"って思うきっかけにもなっています」

放送情報

(吹)セント・エルモス・ファイアー 【ザ・シネマ新録版】
放送日時:2022年11月23日(水)21:00~ほか
チャンネル:ザ・シネマ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

ファイルーズあいの放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事