「夢が広がります」古川慎が「転スラ」で見てみたいサイドストーリーは?

スライムに転生した主人公の活躍を描く異世界ファンタジーの金字塔「転生したらスライムだった件(通称:転スラ)」。その劇場版が2022年11月25日(金)に全国で公開される。本作は、原作の伏瀬がストーリー原案を担当したオリジナルストーリーとして、主人公・リムルの配下、ベニマルがキーパーソンとして活躍。公開に先駆け、ベニマル役の古川慎にインタビューを行い、作品の魅力について語ってもらった。

古川慎がキーパーソン・ベニマルを演じた「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」より
古川慎がキーパーソン・ベニマルを演じた「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」より

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

――映画化が決まった時はどのようなお気持ちでしたか?

「これまでアニメシリーズを第2期までやってきたので、当然第3期を期待する気持ちがありました。だから、スタッフさんに軽い気持ちで聞いたら『劇場版やります』って答えが返ってきてかなり驚きましたね。劇場版になるって一種のご褒美のようなものだと僕自身は思っていて、テレビ版とはひと味違ったクオリティになるし、オリジナルエピソードは声を吹き込む者としても視聴者としてもすごく楽しめる。だから、収録が近付くのが嬉しかったですし、気持ちもどんどん高ぶりました」

――本作ではベニマルが重要な役どころとして活躍しますね

「劇場版って普通、主人公が新たなキャラクターと出会っていろんな展開をしていく作りが多いので、改めてベニマルをピックアップして頂けたことに驚きました。しかもオリジナルキャラクターはベニマルと関係の深い兄貴分ということだけを聞かされていたので、台本を開くまでは本当の関係値がわからずドキドキだったんです。でも、仲の良さがわかったときは兄貴分のヒイロというキャラクターも、シーンを重ねていくごとに燃えるような展開になっていくことも嬉しかったですね。今回はベニマルを取り上げて頂きましたけど、他にもキャラクターはたくさんいるので、クロベエやハクロウの昔話とかも見てみたいな。楽しくていろいろと夢が広がります」

――個人的にはどのキャラクターのサイドストーリーに興味がありますか?

「活字化されているものだと原作コミックスの巻末で掲載されていた"ヴェルドラ日記"というものがあって、リムルの中でヴェルドラベルドラがひたすら遊ぶ回があるんです。テレビ版でも一部放送されたんですけど、それをもっと詳しく映像化してほしいですね。彼は少年の心を持っているのできっとみんな癒されると思いますよ。あとは、リムルが転生する前の人間だった頃の話は興味があります。実際はどんな人だったのか、今のリムルに通じるものがあるんじゃないかと。同じ転生者くくりで言えば過去に転生してきた人たちの話も見たい。シズの英雄譚とか絶対面白いと思う。こうやって考えると、転スラって宝物がいっぱい入ったものすごい世界なんですよ」

――本作では新キャラクターのヒイロが登場します。内田雄馬さんが演じられたヒイロの印象はいかがでしたか?

「ヒイロはPVの時点ではものすごく凶暴そうな画で出てきますが、蓋を開けてみるとすごく真っ直ぐで純粋な正義感の強い青年なんですよね。そこが内田くんのお芝居とばっちりはまっていました。狂気感のあるシーンも純粋で、真っ直ぐなお芝居も内田くんは芯がぶれることなく感情を乗せてきてくれるので非常に演じやすかったです。迫力や格好良さだけでなくヒイロの情の深さを明確に表現するところに『内田雄馬はすごいな』って感心するばかりでした」

放送情報

劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編
2022年11月25日(金)公開

古川慎の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事