菅井友香が考える愛を感じた瞬間「私は感謝の気持ちを皆様にお返しできたのかな」

菅井友香
菅井友香

2022年11月に櫻坂46を卒業した菅井友香が主演を務める舞台「つかこうへい復活祭2023『新・幕末純情伝』」が、1月28日(土)より上演される。

同作品は、劇作家・つかこうへいが遺した名作の一つで、「新撰組の沖田総司が実は女性だった」という着想の基、描かれた愛の物語。歴代の沖田役には牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、鈴木杏、桐谷美玲、松井玲奈という錚々たる女優が演じ、伝説ともいえる歴史を作ってきた。11代目として沖田総司を演じる菅井にとって、同作はグループ卒業後初の舞台で、つかこうへいの作品は舞台「飛龍伝2020」でヒロインの神林美智子を演じて以来、3年ぶりとなる。つかこうへい作品の二大ヒロインといわれる沖田総司と神林美智子の両方を演じたことがあるのは、長い歴史の中で広末と桐谷の2人だけで、菅井が3人目となる。

今回、菅井にインタビューを行い、卒業後第一弾の晴れ舞台となる同作品に懸ける思いや意気込み、「飛龍伝2020」出演時との意識の違い、役作りなどについて語ってもらった。

――卒業後初となる舞台出演に向けた意気込みは?

「長年愛され続けているつかこうへいさんの『新・幕末純情伝』。今回、櫻坂46を卒業したばかりのタイミングで、大好きな舞台に主演として立たせていただけるということに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。新しいカンパニーの皆さんと、この熱い作品をお届けできるよう気合が入っています!」

――広末さん、桐谷さんに続く、つか作品の二大ヒロインを演じることについての感想は?

「すごく光栄です。お二方のように自分もしっかりとこの作品を(後に)つなげていきたいという強い思いがあります」

――沖田総司をどのように演じようと思っていますか?

「沖田総司は女性だけど男性として育てられ、厳しい環境に身を置いて剣術の稽古に打ち込み、必死に戦いながら生きてきたという壮絶な人生を送っている人物。言葉の強さの裏にある気持ちをしっかりと見つけて、(真意を)考えながら演じられたらいいなと思っています」

放送情報

つかこうへい復活祭2023「新・幕末純情伝」
【東京公演】
2023年1月28日(土)~2月12日(日)
東京・紀伊國屋ホール
【神戸公演】
2023年2月17日(金)~19日(日)
兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事