メーテル役に抜擢された女優・ハルカとは!?「銀河鉄道999」がついに舞台化!

1970年代後半に大ブームを巻き起こした名作SFマンガ「銀河鉄道999」。40周年を迎えた今年、生ドラマや舞台が制作されている。

原作ものの実写化や舞台化は、原作のキャラクターとそれを演じる俳優のイメージがどれだけ近いかが重要になる。読者それぞれが、好きなキャラに対するイメージや思い入れを持っているからだ。

主人公の星野鉄郎をはじめ、魅力的なキャラクターが多数登場する「銀河鉄道999」で、強く印象に残るキャラターと言えばメーテルだ。時に優しく鉄郎に接し、時に激しく敵を撃つ。ミステリアスな雰囲気を漂わせつつも、強い女性として描かれている。

6月23月から7月29日まで、東京、北九州、大阪の3都市で「銀河鉄道999」の舞台化「銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」の公演が行われている。この舞台でメーテルを演じるのは"ハルカ"という女優だ。彼女はいったいどんな人物なのだろうか?

ミュージシャンとしても活躍中の多才なハルカ

ハルカの名が世に出たのは、2012年のこと。大学で知り合った"ミユキ"とともに結成した"ハルカトミユキ"で、インディーズで1st EPをリリースし、翌年メジャーデビュー。ハルカトミユキは現在も、ライブやCDの制作などで精力的に活動している。つまりハルカの本来の姿は、ミュージシャンなのだ。また短歌も詠み、自主出版で歌集を出したりもしている。

ハルカが女優として舞台に立ったのは2016年。東京マハロの第16回公演「そして友は二度死んだ」で舞台デビュー。その後も東京マハロ第17回公演の「女子穴 -この国の穴を 喜びで埋めよう-」に出演するなど、女優としても活動を始めるようになる。

メーテル役への抜擢に原作者・松本零士も太鼓判!

そして舞台「銀河鉄道999」のメーテル役となるわけだが、企画の早い段階でプロデューサーの田口智博からオファーが来ていたという。プロの目から見ても、彼女はメーテル役にふさわしい女優だということだ。

彼女の魅力は、ハルカトミユキのPVからも感じ取れる。うつむき加減で語り聞かせるように歌ったかと思えば、強い音とともに言葉をぶつけてくる。優しさと強さ、ミステリアスな雰囲気を十二分に持っているのだ。

原作者・松本零士も、舞台「銀河鉄道999」のオフィシャルサイトでこう語っている。

「メーテル役のハルカさんは、美しくて、穏やかで、優雅な女性です。メーテルにふさわしい女性です」

原作者のお墨付きとなれば、もう彼女以外にメーテルの適役はいないだろう。「銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」の舞台の模様は、7月28日(土)に放送予定。ハルカが演じるメーテルとともに、ロマンあふれる銀河の旅を楽しんでほしい。

文=堀慎二郎

この記事の画像

放送情報

銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~

放送日時: 2018年7月28日(土)18:30~

チャンネル: BSスカパー!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連記事