『るろ剣』で到達した新境地!佐藤健のストイックな姿勢になぜ心が揺さぶられるのか?

『るろうに剣心 伝説の最期編』
『るろうに剣心 伝説の最期編』

人気シリーズのクライマックスを描く『るろうに剣心 最終章 The Final』がついにお披露目となり、早くも累計興行収入20億円を突破。緊急事態宣言中という影響もありながら、週末興行ランキングでは2週連続で実写映画No.1を記録するなど、日本中を熱狂させている。

記録もさることながら、SNS上であふれかえっているのは、圧倒的アクションに対する驚きの声。まさにシリーズの集大成と呼ぶに相応しい仕上がりとなっているが、なぜ私たちはこれほどまでに本シリーズのアクションに心を揺さぶられるのか?過去3作品の映画・チャンネルNECOでの5月16日(日)放送を機に、その魅力を掘り下げてみたい。

佐藤健の新次元アクションに注目『るろうに剣心』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

1作目『るろうに剣心』が公開となったのは、2012年のこと。今や主演作が相次ぐスターとなった佐藤健だが、この頃の彼はまだ20代前半。少年時代より大ファンだったという剣心役を手にし、並々ならぬ意気込みで本シリーズに飛び込んだ。

1作目冒頭から、佐藤=剣心のハマり具合は鳥肌ものだった。まだ"人斬り抜刀斎"だった剣心が、大勢の敵を倒していくさまは、日本のソードアクションの新たな幕開けを予感させる迫力に満ちあふれ、その興奮にゾクゾクしたことを今でも覚えている。

『るろうに剣心』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

"不殺(ころさず)の誓い"を立てて日本中を流浪するようになってからは、柔らかな表情を見せるようになった剣心。「おろ?」という口癖も愛らしく、彼の優しさが仲間を引きつけていく姿が鮮やかに描かれていく。この"ギャップ力"も佐藤がうまく演じているのだが、アクション面でいえば、ドリフト走行、超高速かつ美しい殺陣、ワイヤーを使った跳躍など、佐藤の身体能力の高さに息を呑む場面ばかり。

とりわけ忘れ難いシーンとなっているのが、1作目のラスボス、鵜堂刃衛(吉川晃司)と剣心との戦いだ。薫(武井咲)を傷つけられ、怒りに打ち震えて刀をふるう剣心。この怒りのオーラが一層、アクションを説得力のあるものにしていた。

『るろうに剣心』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

『るろうに剣心 京都大火編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火」製作委員会

2作目となる『るろうに剣心 京都大火編』(2014)では、剣心の宿命の敵であり、日本転覆を企てる志々雄真実が登場。圧倒的熱量を誇る藤原竜也が演じる志々雄は、カリスマ性も抜群。剣心は、罪のない人に危害を加えようとする志々雄に立ち向かっていく。また志々雄一派である瀬田宗次郎と剣心が刀を交える一幕も、本作のハイライトのひとつだ。

宗次郎を演じる神木隆之介も、佐藤と同様に原作が大好きだったそうで、原作ファンとしても妥協するわけにはいかなかったのだろう。剣心と宗次郎が静かな構えから、スピーディーな殺陣を繰り出す場面は、リアルかつ、とびきりかっこいいシーンとなっている。

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

元師匠の比古清十郎(福山雅治)の特訓を受けてさらに強くなった剣心が、いよいよ志々雄との決着をつけたのが、3作目の『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)。包帯をグルグル巻きにして、炎を出しながら刀を振り回す志々雄との対決は、壮絶の一言。

佐藤のYouTubeチャンネルでは、クライマックスの撮影の裏側が公開されているが、大友啓史監督が剣心と志々雄の感情について、熱心に演出をしている姿を目にすることができる。佐藤と藤原が、役柄の背負う、時代の犠牲者としてのせつなさまでを体現したからこそ、観客の胸に響く名シーンとなった。

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

こうしてシリーズを振り返ってみて感じるのは、悲しみや怒り、大切な人を守りたいという想いが透けて見えてくるのが、剣心のアクションだということ。佐藤はダンスなどで培った身体能力に加え、シリーズを重ねるごとにアクション力を向上。さらにそのアクションに宿る心の芝居も、磨きをかけてきた。

最新作『るろうに剣心 最終章 The Final』を観ればその進化と真価は明らかで、シリーズ史上最恐の敵となる縁(新田真剣佑)との戦いは、剣心の贖罪や愛が刀に宿っていることが強く感じられた。佐藤の高みを目指すストイックさが、見る者の期待を裏切らない、血の通った剣心を生み出してきたのだ。

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

6月4日(金)からは、時系列としては1作目より前――剣心の"始まり"を描く『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が公開となる。なぜ剣心は、どこか悲しみをたたえた瞳をしているのか...?そのすべてが明らかとなる。原作を読み込んでいる佐藤は、『The Beginning』でつづられる過去を身のうちに落とし込んで、1作目から剣心を演じていたという。シリーズを通して観ることで、改めてその凄みを実感するはずだ。

文=成田おり枝

この記事の画像

放送情報

るろうに剣心
放送日時:2021年5月16日(日)17:55~ほか
るろうに剣心 京都大火編
放送日時:2021年5月16日(日)20:15~ほか
るろうに剣心 伝説の最期編
放送日時:2021年5月16日(日)22:40~ほか
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!