月組・珠城りょうが大悪党に!宝塚史に残る意欲作『BADDY-悪党は月からやって来る-』

珠城りょう
珠城りょう

月組トップスター・珠城りょうが、8月15日(日)をもって宝塚を卒業する。サヨナラ公演『桜嵐記』では南北朝の動乱の中で散っていった武将・楠木正行を演じて観客の涙を誘うが、また違う一面を見せた作品『BADDY-悪党は月からやって来る-』が6月のタカラヅカ・スカイ・ステージに登場する。

作・演出は上田久美子。宝塚史に残る挑戦的で示唆に富んだ作品であると同時に、役者・珠城りょうの守備範囲の広さと懐の深さを感じさせる作品でもある。

ショーと銘打っているが、ストーリーがある。時は遠い未来、物語の舞台はピースフルプラネット"地球"の首都TAKARAZUKA-CITYだ。世界は統一され、戦争も犯罪もなく、おまけに全世界禁煙。103年間も平和が続いており、人生の目的は「天国に行くこと」のみという、正直「ちょっと退屈?」な世界である。

ちなみにこの作品が上演された2018年は、ちょうど宝塚歌劇が創立してから103年経ち、104年目を迎える年だったわけだから、考えてみればこの設定、なかなか意味深なものがある。

そこに現れるのが、月からやってきた大悪党のヘビースモーカー・バッディ(珠城りょう)だ。元来「善良」「おおらか」「正義感」といった言葉の方が圧倒的に似合う珠城が、大真面目に「悪党」を演じているところもまた、この作品の味わいかもしれない。

愛希れいか(『BADDY-悪党は月からやって来る-』より)

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

彼に立ちはだかるのがグッディ捜査官(愛希れいか)だ。何でもできて責任感が強くストイックなグッディはまさに地球の平和を守るスーパーヒーロー。愛希にお似合いの衣装にも注目だ。

だが、善と悪とは人間の裏表である。2人は出会った瞬間、反発し合いながらも互いに心惹かれてしまうのだ。

バッディとともに月からやってきたスイートハート(美弥るりか)は両性具有的な存在で、バッディとは相棒のようでもあり、恋人のようでもある。美弥にしか表現できそうにない「悪の色気」が漂う魅力的なキャラクターだ。

美弥るりか

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

誠実で純朴だがちょっと不器用なポッキー巡査(月城かなと)はグッディに密かに想いを寄せているが、仕事熱心なグッディにはなかなか振り向いてもらえない。端正な二枚目の月城とのギャップに思わずキュンとさせられてしまう。

何としてもグッディの関心を引きたいバッディは、地球一安全だといわれるビッグシアターバンクに収められている惑星予算を盗み出すという大悪事を思い付く。果たしてその顛末は?そして、バッディとグッディ、スイートハート、ポッキーの恋模様の行方はどうなるのか?

異色といわれる作品だが、実はラインダンス、トップコンビのデュエットから大階段を使った男役群舞、羽根を背負うパレードまで、宝塚のショーの様式は完璧に踏襲されている。その意味で「宝塚のショーの醍醐味」も存分に堪能できる作品ともいえるのだ。

だが、個々の場面はそれぞれ一癖も二癖もある。衝撃のバッディ登場シーンに始まり、スイートハートの「ちょいワル」レッスン、「良い子でいたい」気持ちと「悪いことをしてみたい」気持ちが火花を散らす中詰め、グッディの怒りの爆発を表現したラインダンス(これは娘役のみで行われている)、そして、バッディとグッディの恋?の行く末まで、次々と展開する刺激的な場面から目が離せない。

無事に定番のパレードまでたどり着いても、最後の最後まで油断は禁物だ。まるで、私たちが恐れながらも心の底では待ち望んでいた大悪党・バッディそのもののような作品である。

文=中本千晶

この記事の画像

放送情報

『BADDY-悪党は月からやって来る-』('18年月組・宝塚)
放送日時:2021年6月19日(土)23:00~
チャンネル:TAKARAZUKA SKY STAGE
※放送スケジュールは変更になる場合がありま

珠城りょうの放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!