岩本照(Snow Man)生見愛瑠のハマり役!『モエカレ』の甘くて不器用な恋模様

「モエカレはオレンジ色」
「モエカレはオレンジ色」

玉島ノンによる人気同名コミックを、Snow Manの岩本照と"めるる"こと生見愛瑠の共演により映画化した『モエカレはオレンジ色』が7月8日(金)より公開される。

『電車男』(2005年)で映画監督デビューを飾り、数々の恋愛ものを手がけてきた村上正典監督がメガホンを取った本作は、シャイな消防士・蛯原恭介とクラスに馴染めずにいる女子高生・佐々木萌衣との恋を瑞々しくつづったラブストーリー。不器用な恋模様を繰り広げるこの主人公カップルを、初顔合わせとなった岩本と生見がフレッシュに演じている。

■ジャニーズ若手きっての肉体派、岩本照が"消防士"を熱演

映画では単独初主演となる岩本が演じた蛯原は、真面目な上に超がつくほどのシャイ人間。一見、無愛想に見えるものの、思いを伝えられて耳が赤くなったり、甘党だったりと、どこかギャップを感じさせる原作でも人気の高いキャラクターだ。硬派でストイックな雰囲気を漂わせる岩本にぴったりの役柄ではあるが、何より注目なのが、説得力抜群の肉体的アプローチだ。

Snow Manのリーダーとしてはもちろん、ジャニーズ若手きっての肉体派として知られる彼は、フィットネス雑誌の表紙を飾るほど鍛え上げられた肉体を誇っている。筋肉自慢がひしめく人気スポーツ番組「SASUKE」での活躍も記憶に新しく、高い身体能力の持ち主としても有名だ。

救助隊員のオレンジ色の制服に身を包んだ本作でも、救助や訓練シーンを中心にその能力を存分に発揮。クランクイン前にも実際の消防訓練を完璧にこなしたというだけあって、劇中では、鍛え上げられた上腕二頭筋を見せながら懸垂で自分の体を持ち上げ、ヒロインを抱えながら壁伝いに降下する場面など、ハードな肉体演技も軽々と完遂。消防士という役柄に抜群の説得力を持たせている。

■"めるる"こと生見愛瑠が体現する「恋にひたむき」なヒロイン

一方、生見が演じている佐々木萌衣は、転校してきたばかりでいつも"ぼっち"な女子高生。蛯原と出会い、彼への恋心をきっかけに徐々に前向きに成長していく過程を、持ち前の快活な魅力を活かしてキュートに表現している。

今回が映画初出演ではあるが、ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(2021年)に出演した際には、バラエティで見せる元気なイメージを裏切るような繊細な演技が注目を浴び、「めるる、演技うまい!」とSNSで話題になったことも。見る者の共感を呼ぶ等身大の演技は、本作にも表れていて、蛯原に向ける屈託のない笑顔や、駆け引きせず真っすぐに"好き"を伝えるひたむきさは好感度満点。嫌味や照れのない演技で応援したくなるような人物像を築き上げている。

■主題歌「オレンジkiss」も話題に!撮影現場の裏側を語ったインタビューも

映画の劇場公開に先駆け、「映画『モエカレはオレンジ色』公開記念特番」が衛星劇場にて7月1日(金)に放送される。岩本と生見をはじめとするフレッシュなキャスト陣のインタビューや撮影現場のメイキング映像など盛りだくさんの内容で、作品の魅力を深堀していく。

つい先日には、映画本編と玉島ノンの原作コミック、Snow Manが歌う主題歌「オレンジkiss」とのコラボミュージックビデオも解禁されており、その主題歌同様、恋の楽しさや切なさが凝縮された映画への期待も高まるばかり。岩本と生見が見せる不器用な恋の顛末と共に、"モエカレ"ならではのピュアな世界観に浸りたい。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

映画「モエカレはオレンジ色」公開記念特番
放送日時:2022年7月1日(金)22:45~
チャンネル:衛星劇場
放送日時:2022年7月9日(土)21:45~
チャンネル:ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事